2008年07月15日

Back EMFフィードバック付きパワーパック

 Nagasue's BEMF Throttle 永末氏の新製品のBack EMFフィードバックつきのパワーパックの作動状況を見た。予想はしていたが、実力を目の前で見せられると、かなりの迫力である。

 簡単に説明すると、今までは多少構造的に問題のある旧型の機関車が低速で走らないのは、仕方がないとあきらめていたが、これを使えば難なく毎秒5mm以下で走らせることが出来る。しかも正確にその速度を保つことが出来る。

 この装置では、下記のような手順を毎秒100回以上も行う。 
.癲璽燭枠電機でもあるので、パルスを送ってモータが回り、その慣性で回り続けている間に発生している電圧を測定する。
発生した電圧を元にモータの回転数を算定する。その回転数が予定よりも少なければ、より長いパルスを送ってモータの回転数を上げる。
もし少なければ、パルス幅を減少させる。
ず禿戰癲璽寝鹽梢瑤鯊定する。

Back EMF この図は模式図であり原理を表しているだけである。モータ回転数を表す緑の部分は電圧である。それが少なければ、次のパルスを長くしていることがお分かりいただけるはずだ。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ