2008年05月05日

Ed のレイアウト

Loizeaux氏 (右)  Loizeaux氏(ロワゾと発音する)はSゲージのレイアウトを持っている。これはMRC誌やMainline Modeler誌、さらにMRGreat Model Railroads 2006にも載っている著名なレイアウトである。

 17坪ほどの、さほど大きくないレイアウトであるが、シーナリィは精緻を極めている。特に岩の表現は、「ここまでやるか!?」というレベルである。

 ロワゾ氏はDCCの大家でもある。Black Bookという本を出していたので、筆者はそれを繰り返し読んで理解した。本業はコンピュータ会社を経営しているという。名前の通り、フランス系の方である。

Loizeaux 1 New York Central沿線で育ったそうで、このレイアウトのプロトタイプはハドソン川沿岸だそうだ。

 住宅とは別の建物にあり、入り口はアメリカでは珍しく、しゃがんで入る。そこには分厚いシャギィ・カーペットが敷いてあり、ズボンを痛めないように配慮してある。

 このレイアウトの路盤は48インチ(122cm)である。本線は勾配を上るのでかなり高いところを通る。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ