2008年04月29日

レイアウトは進化する

Jakl's Layout bird's eye view レイアウトは進化する。レイアウトのみならず、鉄道模型全体が進化するといったほうが正確である。
 その進化の情報を正確に発信しているのはModel Railroaderという雑誌である。残念ながら、そのほかの雑誌は5年遅れくらいであると筆者は感じている。日本の雑誌は、さらに5年ないし10年遅れくらいであるように思う。

 レイアウトの路盤高さについての記事が、15年位前にあった。毎年1インチ高くなっているというような話であったと思う。背の高いアメリカ人にとっては、65インチ(165cm)というのも平気だろうが、そこまで行くと身長180cmの筆者にも少々つらいところがある。一部のレイアウトはあちこちに踏み台があって、そこから見るようになっている。筆者の親しい友人のRod Miller氏は身長188cmの長身で、彼のレイアウトに行くと首が痛い。

レイアウトの色調についても70年代のMR誌を見れば一目瞭然である。当時の印刷技術の稚拙さを差引いても、鮮やかな色調が多い。今回紹介した中で、GaryとDaveのレイアウトをご覧戴ければすぐお分かりのように、彩度を抑えた模型は実感的である。

 ごく近所の鉄道風景も、カラーチャートを持って出かけると意外に彩度が低いことに気がつく。調色塗料を購入してもそのまま塗るのではなく、暗い灰色を少し混ぜるだけで、俄然それらしくなる。ただし新車を除く。

追記 先回までのJakl氏のレイアウトの動画を堀江壽一氏が撮影されているので紹介させて戴く。 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ