2008年04月25日

続 Jakl家 のレイアウト

Bob's Layout3 広い場所に線路を敷いて、たくさんの車輌を留置できるヤードを作るとこうなる。車輌のコレクションは、完成品、キット組立品などで、凄い量である。




 レイルは、本線と支線で太さが異なる。このあたりは、方針がはっきりしている。最近のレイアウトとの相違点は、運転方式以外に、色調について述べなければならない。このレイアウトの各部の色の彩度はかなり高い。要するにとてもきれいである。この一月ほど紹介してきたレイアウトの彩度はかなり低い。この30年で彩度はかなり落ちてきた。
 最近のブームでレイアウト製作をする人が増えてきたそうである。雑誌などに紹介されている作例の、彩度の高さにはいささか驚く。レイアウト製作用の素材自体の彩度が高いことに気づかず、そのまま使ってしまうからだ。

Bob's Layout2 採石場とヤードである。緑の部分の色がもう少し穏やかであれば、と残念に思う。昔はそのような素材がなかったのであろう。

 車輌は新車は鮮やかで当然である。古びた車輌はそれなりにウェザリングしてあった。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ