2008年04月15日

Dave のレイアウト

Dave Viale's Layout Daveは農機具を売る会社を経営していたが、それを手放して引退した。カリフォルニアの山中、ヨセミテの近くに居を構え、別棟にレイアウト・ルームを設けた。

 60坪の部屋に、サクラメントからネヴァダ州スパークスに至るSouthern Pacificの山岳路線が再現されている。このレイアウトのデザインはJerryの仕事である。
 キャブ・フォワードの牽く長大列車が、スノー・シェッドをくぐって行く。すばらしい光景がそこに広がっている。本線は600mの長さで最小半径は2.4mである。
 全てのスパイクはhand-laidである。

 この写真を撮ったのは昨年であり、その時点では60%のシーナリィが完成ということであったが、十分完成の域に到達していると言えた。

Dave Viale(left) ちょうど取材に来ていた。大手の雑誌ではなかったが、模型関係の出版社であるそうだ。左がDaveである。

雪の山を越えていく場面があリ、他にはない眺めが楽しめる。Garyのレイアウトも凄いが、このレイアウトには、別の凄さがある。それはTrackplanによるものである。よくもこのような配置を考えたものだと感心する。標高差もかなりある。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ