2008年04月01日

Arden のレイアウト

 ArdenはS gaugerである。まさかSゲージを楽しむ人とこれほど親しくなるとは思わなかった。きっかけはO Scale WestでSゲージのブース、レイアウトを併設するようになったからである。それは3,4年前からだ。

 Intermountain Modelの創業者のJerry Porter氏とは、かなり前から親しくお付き合い戴いている。そのJerryが、どうしても見せたいものがあると、かなりの勢いで筆者を招待してくれたのだ。

 場所はサンフランシスコ東方約150キロの田舎で、ストックトンから、さらに入ったところである。元は農業倉庫だった小屋に巨大なSゲージレイアウトを建設中だ。線路延長は、複線区間が11スケール・マイルというから想像するのも難しい。

 UPのシャーマンヒルを完全に模型化しているという。50年代に完成した勾配緩和用の新線まである。レイアウトのTrack PlanはJerry の設計である。

 Jerry Porter氏は、レイアウトの設計家としても有名である。著名なレイアウトは彼の作品であることが多い。しばらく前に紹介したLouのレイアウトも彼の設計である。次回に紹介するDaveのレイアウトもまた、彼の設計である。

 アメリカでSゲージの愛好家がこれほどいるとは、正直な話、筆者の想像を超えていた。スケールのOゲージの半分くらいいるのではないか。ちなみにティン・プレートのOゲージは、スケールのOゲージの20倍いるそうだ。
  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ