2008年02月29日

Kadee Twin Spiker

Kadee twin spikerKadee twin spiker bottom コード125レイルを購入し、KadeeTwin Spikerも注文した。結構な金額で驚いた。確かに、#100用を#125にはめるのだから無理があった。細い砥石で念入りに溝を広げて、試射してみると、レイルヘッドに傷がほとんど付かないように打つことが出来ることがわかった。

 コルク道床に枕木を貼り、レイルを打ちつけた。レイルの位置はジグでそろえておき、錘で押さえて置けばよい。うまくやれば90cmの線路を3分くらいで打ち終えることが出来る。これを休みの日に猛烈な勢いでやった。

10 MILES OF TRACK, LAID IN ONE DAY わがレイアウトには、"10 METERS OF TRACK, LAID IN ONE DAY" という札が立っているところがある。(左の写真はサクラメントゥの鉄道博物館にあるセントラル・パシフィック鉄道の建設途上の展示より。)
 このTwin Spiker はよく出来ているのだが、打ち込む瞬間に、レイルヘッドの幅の分だけが切り飛ばされてしまう。その部分がどこに行くのかは知ったことではないという設計だ。室内ではそれは迷惑な話である。仕方がないので大きな磁石をぶら下げて、飛び出した切れ端をSpikerの直前で受け止めるようにした。

先ほど気が付いたことであるが、#700-39というパーツ番号を見ると、そこにchip magnet and shield と書いてある。どうやらその必要性があって開発していたようだ。

 しばらく使っていると不具合が生じてきた。本体,硫実Δ紡腓なヒビが入ってきた。要するに毎回打ち付けられるカッタ兼ハンマの衝撃によりダイキャストが割れたのだ。Kadeeの社長に会ったときに、それを言うと、無償で取り替えるとは言っていたが不機嫌そうであった。設計が悪かったことを指摘したからだ。その後、販売は中止されている。日本に何台くらいあるのか、知りたいものだと思っている。
E-bayでもこれが出品されているのは、ついぞ見たことがない。

 そのうち取り換えようと思っていたが、引越しで肝心のスパイカが行方不明になってしまった。スパイクはたくさん残っているのだが。
 そのうち見つかるだろうと思っているが、かれこれ15年も経ってしまった。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ