2007年12月29日

筆者のレイアウト

 読者の皆さんから、レイアウトの写真または動画を見せてくれというコメントをいくつか戴いている。

 実はある程度の撮影はしたのだが、動画をアップロードするのにいくつかの困難があった。筆者のコンピュータからは動画がアップロードできなかった。いくつかの動画サイトに送ったのだが、たいてい途中でタイムアウトしてしまい、不可能であった。

 先日、ワークスK氏にお会いした際、無理を承知でアップロードのお願いをしたところ、快諾して戴いたので今回それを発表できるようになった。
 不調の原因は、多分ウィルス・ワクチン・ソフトであろう。最近妙にひっかかりが多くて困っている。

 ところでその動画はここにある。どうぞご覧戴きたい。


 このカメラがあるところから、一番奥の壁までは13mある。曲線半径は120インチだから約3mである。高架の本線には勾配は無い。平面本線もある。上下の渡りは2%の勾配と3%の勾配の2本。本線上のポイントは10番乃至12番。ヤードは8番。レイルはコード125、ハンドスパイク約2万本である。
 DCCはNCE、キャブは2台。ターンテーブルは148ft、18線。

 客車は16両編成二本収容。貨車ヤードは90両収容。いずれ増築して120両収容にしたい。すでに貨車はあふれてしまい、一部は引き出しの中に収容している。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ