2007年12月25日

Alf のレイアウト

Alf Alfは元IBMの技術者であった。モディーンと発音する。大変器用な人で、優れたスクラッチ・ビルダーでもある。もう20年以上ものお付き合いだ。




Alf Modine 生まれはシカゴでC&NWの沿線で育った。今はサンホゼの近くのクーパチーノという町に住んでいる。2台の車が入る車庫をレイアウトにしてしまった。プロトタイプはChicago and Northwestern & North Shore Lineである。



The 400 C&NWの本線とCSL路面電車が平面交差する。電車はトロリィ集電である。ピチピチと火花を出して通過していくのは楽しい。

 C&NWの優等列車"The 400"は、彼のマスターピースであるclassH-1に牽かれる。この機関車は足掛け4年かかって作られた。その製作には、筆者も関与している。いくつかの部品を供給した。完成したときは、わざわざ抱えて見せに来てくれた。

 このレイアウトにも毎年行っているが、そのたびに進歩しているのが分かる。

 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by northerns484   2008年01月02日 09:04
dda40xさん:

大変ご無沙汰しております。
相変わらずの中身の濃い情報をこれだけのペースで発信し続けられていることに驚嘆しております。半年以上読んでいなかったので、まだ追いつけていません。

dda40xさんの足元にも及びませんが、私も私なりに情報発信を再開してゆきますので、よろしければお越しください。

さて、このH-1ですが、在米中に見る機会がありました。H-1は私の好きなプロトタイプの1つですが、私の知る限りO-Scaleの模型は見たことがなかったので、まずびっくり。とても手がかかった、作者の「思い」が伝わってくるような模型だったのが印象的でした。一言二言会話をしたのですが、dda40xさんのお名前が出てきたのも思い出しました。

写真とはいえ、また再会できてうれしく思います。ありがとうございました。
2. Posted by dda40x   2008年01月03日 14:19
Northern4-8-4様
今年もよろしくお願いします。

Alfに会われたのですね。面白い人で、よく遊びに行きます。日本にも来ると言っていましたけど、なかなか来ません。

2月に会う予定です。
3. Posted by northerns484   2008年01月04日 21:52
dda40xさん:

お返事ありがとうございます。はい、行きつけの模型屋でお披露目されているときに出くわして、こちらから声を掛けてお話させていただきました。

2月で思い出しましたが、お会いしたのはO-Scale West 2005のタイミングだったはずです。以下にも写真が掲載されていますね。

http://www.lafterhall.com/oswmodelphotos_2005.html

今年もO-Scale Westに行かれるんですね。私はその週は出張でサンフランシスコ〜サンホゼのあたりをうろうろしていますが、さすがに仕事の合間に堂々と抜け出して行く訳にはいきません。
4. Posted by dda40x   2008年01月05日 00:38
今年も行きますが、今回はClinicの講師は辞退しました。
8月にNational Conventionがあるので、そこでの講演を希望しました。
今回は楽しく買い物とレイアウト・ツアをします。
テーブルを持っていますので、もしお越しになったら声をおかけください。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ