2007年12月11日

続々e-Bay

ED16青焼図面 日本製模型、特に昭和30年より前の製品は、ごく少数のインポータによってアメリカに持ち込まれている。その時期の模型は生産台数が少なく、日本の国内でもそれほど市場に出ていない。

 筆者が当時欲しかったもののひとつに、スケールのED電気機関車がある。模型屋にもほとんど入らず、一回しか見たことがなかった。東京でなければ手に入らない状態であった。

 最近YahooオークションでこのED16あたりを見かけることがある。設定価格が、信じられないほど高い。それほどの価格がつくはずはないと思うのだが、買い手がつく。価格はかなりつりあがっている。売り手はそういうものを、どこからか手に入れるルートがあるのだろう。しばらくするとまた同じ価格で出している。

 e-Bayを見ていると時々この種の模型が出てくる。友人に頼まれているので取り寄せて差し上げることにした。完全な新品のキットで青焼き図面もついていた。どういうわけか図面の一部は焦げていたが問題はない程度だ。

 価格は日本価格の1/3以下である。大変喜んで戴いた。提携が行われれば、このようなことが日常茶飯事になるのだろうか。そうであればよいことである。

 e-Bayには、占領下の日本で作られた製品がよく現れるようになった。持っていた人が亡くなり、それが売りに出されるような時期になったのだろう。それはそれで非常に人気がある。"Occupied Japan"というハンコが押してあるだけで奪い合いの様相を示す。それほどの価値はないのだが。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ