2007年11月19日

続々 King of all Scales

 重い列車がレイルとどのような摩擦を生じるかには興味があった。転がり摩擦はレイルと車輪の硬さに大いに関係がある。プラスティック車輪は明らかに抵抗が大きい。同じ軸受けでプラ車輪を金属製に取り替えると抵抗が半分程度になる。これは軽い貨車では分からない。あくまでも重いときの話である。

 先日の関西合運でお会いした方が、人の乗れる車両を作ってそれを模型の機関車で牽かせた、と写真を見せてくださった。レイルが雨戸用の塩ビ・コーティングのものであった。「これでは牽かないでしょう。」と言うとずいぶん驚かれた。

 その方も、軟らかいレイルを敷いてから「しまった!」と気が付かれたそうだ。しかし、その写真をたくさんの方に見せても、どなたも指摘がなかったそうである。「さすがですね。よく気が付かれましたね。」と言われたが、過去30年、摩擦を減らすことしか考えていないので、それは当然かも知れない。

 車輪とレイルは硬くなければならない。さらに言えば、道床も堅く、その下の台枠も堅くなければならない。スポンジ道床ではたくさん牽けない。台枠のたわみがあると明らかに牽引力が減る。仕事量が増えるのだから当たり前ではある。筆者のレイアウトの台枠は厚さが57ミリもある。過剰品質だといわれたこともあるが、そうではない。理由があるのだ。道床はゴムと固いコルクを使っている。

 重く長い列車を牽き出す瞬間の機関車の挙動は、実感的である。これは大きさが物を言う世界である。動き出したら止まりにくいのも面白い。脱線すると周りのものを壊しながら止まるのも、腹が立つと同時に面白い。ポイントのフログが徐々に壊れていくのも実感的である。連結器がちぎれることもたまにある。

 少々病的な世界であるが、明らかに大きさから出てくる楽しさである。見学者はどなたも大いに感動される。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by harashima   2007年11月21日 00:40
脱線すると実物並みに壊れてしまう、ということは実物並みに安全対策をとるのでしょうか。
下手をすると怪我をしそうですね。
2. Posted by dda40x   2007年11月21日 21:53
 ポイントの上で脱線するとトングレールが曲がりますし、連結器がちぎれることもあります。信号機をなぎ倒したり、隣の線の車両に凹みをつけたりします。

 正面衝突は避けるような運転方法をとっています。また、怪我をすることはないだろうと思います。機関車を足の上に落とせば、骨折ぐらいはありうるかも知れませんが。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ