2007年10月10日

Google Patent

 この1年くらいのことだと思うが、Googleがアメリカの特許を閲覧させるサーヴィスを始めた。これはとても面白い。

 時間があると、鉄道関係の特許を丹念に調べている。まさかと思うようなことまで特許になっていたり、当然特許だろうと思われることが特許公報に載っていないこともある。

 我々の趣味は、アイデアが勝負である。うまい工夫があれば、見かけもよくなり、効率も上がる。材料も時間も節約できる。しかも出来たものが大変高性能で、付加価値が上がる。

 鉄道模型関係に絞ってみても興味深い特許がたくさんある。Kadeeはたくさんの特許を保有している。最近はDCC関連の自動開放装置まで範囲を広げている。

 筆者は伝導装置にはとても興味があるので、熱心に調べている。このアイデアには驚いた。

 井上豊氏から勧められた方法で、試作もしている。これが特許になっている。イギリス人の発案ということになっている。既に期限切れだから問題はないが、知らずに作って利益を上げると、面倒なことになっていたかもしれない。
 
 Rivarossiの関節機の伝導方式も特許になっている。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ