2007年08月28日

All-Nation F3

All-Nation F-3 この写真をご覧になるとその精密さがお分かりになるだろう。50年以上前にこのような模型が大量生産されていた。リべットの大きさなどもよく吟味されているし、ルーヴァの様子も実物をよく観察して作ってある。

 窓の部分は裏から窓ガラスを嵌めるように、薄く作ってある。手すり部分は裏にガイド穴が用意されていて、それにドリルを入れれば自然に位置決めできる。

 キャブの部分は左右を逆ネジで締め付けて隙間をなくする。このあたりの発想は見事である。前照燈はボンネットの中に部屋が用意されていて、電球のついた板を嵌めるだけで完成だ。

All-Nation F-3 Roof 屋根のクーリング・ファンは、実に小気味よく作られている。その他の小物もよく出来ている。

 この時期の製品は、時間が来ると割れるということは無いはずだ。ダイキャスト・メタルの純度が上がったからだ。



Lionel 700E 戦前のライオネルのハドソンは素晴らしい製品であるが、最近は値段が付かないほど価格が下落しているという。製造後70年で、シーズン・クラックが始まったのだそうだ。

 一時期はコレクタの間で引張りだこであったが、もう欲しがる人はいないらしい。大事にしていたものが、箱を開けるとばらばらになっているということだ。全部ではないらしいが、そのようなことが起こり始めると、誰も持っていたくない。 

追記
 栗生弘太郎氏からAll-Nationの63年版カタログのコピーをお送り戴いた。車体の組立て台車の構造を示す写真である。ちなみにこの車体はF7。 (Sep.1,'07)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ