2007年08月15日

FM Erie-built

Fairbanks-Morse Erie-built A+B このFMは珍しく日本製である。MGの時代にKTMが輸出したもので、製造所はInamiである。稲見製作所は現在も営業中であるが、先代の時代の作品である。なかなかシルエットの捉え方がよく、多少短いが鑑賞に堪える。どういう訳か、現在の評価は、さほど高くない。なんと、プラスティック製の機関車と同程度である。タマ数が少ない。A、BともにPoweredであり、とても重い。

 細かさの点ではプラスティック製には敵わないが、手直しして特定番号に改造しようとすると、ブラス製が一番である。しかも台車がこの形のものは、プラスティック製のものには無い。

 ラジエータ部は透けて見えるように作ってあり、興味深い、実物も多少は透けて見えるはずである。

 対向ピストンのディーゼルエンジンは、潜水艦用にも使われたものである。効率がよくコンパクトである。

 FMの初期の何台かは、前面窓が狭い。後期の製品は窓が大きく、曲線を描いている。

 ヘッドライトを増設し、キャブの屋根を低くする必要がある。屋根上のディーテイルを修正すれば良い。
  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ