2007年08月12日

回転フログ

回転フログ ロック装置 この回転フログは鈍端レイルと連動はしていない。車庫への分岐であり、運転日に朝と夜、各1回動かすだけであるからだ。本線通過モードでのロック装置は、ダンプカーの後ろのドアを留める金具である。ちょうどお誂え向きであった。薄い鋳鋼製で簡単に熔接できた。

 回転フログの特徴は、欠線部が無いということ以外に、ガードレイルが不要になることである。ガードレイルが無いと、チェック・ゲージも意味が無くなる。すなわちポイントを作るに当たって、車輪の規格に合わせて面倒な数値の確認が要らなくなる。 

ドイツの回転フログ  ただゲージが正しければ全く問題が無い。これはどのような利点をもたらすか。どんな車両でも乗り入れが出来るということである。実はこの15インチ軌道の上を走る動力車は既に存在しているが、その車輪規格が鉄道の車輪からやや遠いところにある。多少の修正はしたが、まだ不満である。

 現在建造中の新動力車は、より低抵抗の車輪を採用しているが、フランジ厚みが異なるのでバックゲージが異なる。また、他からの持ち込み車両も入線する可能性があるので、ポイントの規格を決めるのは、大変難しい状況にあった。

 回転フログはそのレイルの両面を使い、左右どちらを通っても全くフランジの裏側に接触させずに通過できる。

 回転する台座を配管用の熔接フランジで作った。その厚さを逃げるために、この部分のレイルは低い15kgレイルで作った。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ