2007年08月09日

ジャックマン・シャフト

DT129 ジャックマン・シャフト YU様よりのコメントを拝見し、ジャックマン・シャフトという言葉をお教えいただいた。ED75という機関車のDT129台車に付いているそうだ。

 ED75という機関車は、いろいろな意味での試行を集大成したような機関車らしい。現物を見たことは無い。スリップしにくく、小さくても牽引力に優れた機関車であったそうだ。

 実物の機関車の牽引力はスリップさえしなければかなり増大する。各軸モータの電気機関車はその点不利である。空転検知に多大な苦労がある。制動時も同様である。

 Tom Harveyも盛んにそのことを言っていた。牽引力は馬力では決まらないと。Big Boyの牽引力はGP-9の5台分に相当するそうだ。

 ところで今日の写真はquazyan氏のウェブサイトから拝借したものである。検索中に偶然見つけたのであるが、凝りに凝ったCGグラフィックの集大成である。
 
 この図中、気になるのは、牽引力伝達棒が斜めになっていることである。2軸の中心のレイル面に仮想の接地点を置いているのだろう。この手法をとるには、台車枠にひねりに対する十分な剛性が必要である。そうでないと、輪重が変化する。

 最近の電気機関車などにはこのような工夫はないようだ。軸重移動を防ぐ抜本的な方策がほかにも見つかったのであろうか。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by shibata   2007年08月09日 10:25
毎日楽しみに読ませていただいています。

ED75の引っ張り棒が斜めにされているのはご指摘の通りレール面近くで牽引力をかけることによって空転しにくくするねらいと言うことです。碓氷峠のEF63でも揺れ枕に逆ハリンク構造を入れてトルク変動を押さえるようにしています。

日本の機関車については、国鉄の直流機に各軸のモーターに抵抗を挟んでトルクの調整をしていたものもいました。インバータ車については情報がありませんが同様の制御はかかっているかと思います。

もう一点、どこで聞いたことか忘れてしまいましたが抵抗制御ではなくなってきていることでモーターのトルク変動が減り、この効果でもスリップしなくなっているというのはあるようです
2. Posted by shibata   2007年08月09日 10:31
追伸です
先のEMD B-B台車と全く同様の構造という意味では、EF62のはくDT124が全くと言っていいほど同様の構造かと思います。
引っ張り棒も同様に台車の下方にはいっていますが、これはおそらくリンク棒を台車枠の下に通さなくてはならないという要請の方が大きいのではないかと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ