2007年08月02日

アメリカ土産

Clothes line clips アメリカに行くと必ず買うものがある。この洗濯バサミだ。英語では本来Clothes line clipsと言っていた。いつの間にやら言葉は進化して短くなった。

 この洗濯バサミはアメリカ製である。これはたまたまオハイオ州Springfieldという町で作られているが、ほとんどのものはミシシッピ州とかテネシー州の産である。中国製品が満ち溢れても、これだけはアメリカ製というのが面白い。

 硬い木で出来ていて、スプリングは亜鉛めっきしてある。日本で手に入るものはプラスティック製で熱に弱い。

木製のこれは当然のことながら、ハンダ付け程度の熱には耐える。

 1970年代のModel Railroaderの記事に、このクリップをひっくり返すと便利という記事があった。それはそうだと思い、早速買ってみた。

 下の2つがそれである。ばらして上下を逆にするだけだ。こうすると、先が細いのでつまみやすい。

 作ってみると、なるほど便利で感心した。帰国して友達に見せると皆欲しがる。それ以来、行くたびに買ってきて配っている。ブラス工作する人はとても便利だと言う。その友達の友達も欲しがるので既に数百個配ったように思う。

 今でも価格は一袋5ドルくらいのものだ。昔からあまり変化していない。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by RAILTRUCK   2007年08月02日 12:42
木製の洗濯バサミは地元のホームセンターにも置いています。
中国製ですが、作りはご紹介のものと同じのようです。
2. Posted by 寺久保 敦己   2007年08月02日 21:47
アメリカってこういうところは意外と保守的ですね。
日本は昭和40年代(?)まで有ったと思いますが、プラ製が出て来て完全に駆逐されてしまったようですね。竹製もありました。
先端に真鍮片などを接着すると多少長持ちするのでは?(スベリ易くなると思いますが)

RAILTRUCKさん
今度HCを覗いてみます。
3. Posted by 18900   2007年08月03日 19:01
dda40x様、初めまして。愛読させていただいています。
木製の洗濯バサミ、それもひっくり返して使うなど、思いもよりませんでした。
近くで売っているとは思えないので通販で入手できないかとググってみたところ、何軒かありました。
気の毒な位安価ですが、諸経費を含めると高価なものになるので、だめもとで近所で捜したほうがいいようです。

http://store.yahoo.co.jp/bupurecom/ba059.html
(24個 210円)
http://item.rakuten.co.jp/handh/4399/
(20個 530円。ドイツ製。)
竹製のものもあります。
http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x17982644?u=;mtec_com
(20個 100円)
4. Posted by dda40x   2007年08月07日 23:38
 皆さん、コメントありがとうございました。

 なぜアメリカ製かというと、色が出ないからだそうです。輸入品は洗濯物に木の色が付くらしく、アメリカの「なんとやらという木は色が全く付かない」と現地の人は言ってました。プラスティック製は、太陽に当たるとすぐ駄目になるから木製に限るそうです。

 ハンダ付け用ですから何でもよいわけです。色々な変形ハサミを御作りの方は、ご紹介ください。
5. Posted by YUUNO   2013年05月05日 21:34
3番目のコメントで紹介されたリンクが古くなって、すべてエラーになっていたので、あらためて探してみました。ネットで見つけました。こちらでドイツ製の物が購入可能のようです。
http://www.amazon.co.jp/dp/B004W1IPWI
ただ、もしかするとメーカーはドイツでも製造は中国かも知れません。
ほかにも検索するとたくさん出てきますが、国内で購入可能な物はドイツ製と中国製しか見あたりませんでした。
6. Posted by dda40x   2013年05月06日 08:31
アメリカのスーパーマーケットに行っても、もうアメリカ製のものは見つけることができません。全て中国製になりました。ですから、もうお土産として買うことが無くなりました。
手持ちの分が無くなれば、自分で作るしかありません。
7. Posted by YUUNO   2013年05月08日 03:48
それは興味深いですね。時代の流れでしょうね。
工作用ならアメリカ産でなくとも問題ないように思いますが、自作する理由を教えていただけないでしょうか。
また、どんな材料で自作するかも興味があります。
8. Posted by dda40x   2013年05月08日 08:13
材料は硬くあるべきです。中国製を少し持っていましたが、軟らかく駄目でした。熱で塑性変形します。
洗濯物を干すという目的であれば、干し物に跡が付かない、すなわち色の付かない木が望ましいのです。しかし、ハンダ付け用では硬ければ十分でしょう。
家を建てた時の残りのオーク材(樫材)の残りが少しあるのでそれを使ってみるつもりです。
この木は釘が打てないくらい硬いので適すると思います。ご希望でしたら少量差し上げます。
ただしバネは既製品から流用です。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ