2007年06月03日

お便りを戴く

outhouse1 先月、KemtronのOuthouseをお送りした吉川修一様から、写真が届いたので紹介させていただく。

吉川様は、ワシントン州コロンビア側沿いの架空の小鉄道を建設されているそうで今後が楽しみである。SD7とかR-2,4あたりが活躍しているような情景を描いていらっしゃる。私のような本線ファンとはまた違った味わいがあることであろう。


outhouse2 組み立てに際しては、糸鋸を使わずに、AtlasのSnap Sawを使われたそうで、その工具の選択が興味深い。ハンダ付けは、普段、配線くらいしか手がけたことがないそうで、少してこずったのではないかと心配した。

 意外と重いと感じられたそうである。これを機会に、ブラス工作の面白さに浸って戴きたい。

 ヤスリを何本か用意して、糸鋸が良く切れることと大きなハンダコテさえあれば、ブラスの工作は容易だ。何回でも付け外しできるので、プラスティックや紙の工作よりずっと簡単である、と思う。少し大物のときは、ガスバーナで予熱すれば簡単である。

 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 吉川修一   2007年06月03日 11:52
吉川です。
ブログを拝見いたしました。今回の工作で感じた事ですが、ハンダ工作はプラや紙工作とは違い、接着剤の乾く時間を待つ必要がなく、次の工程にすぐ移れる事など良い点も数多く、体験させていただきました。
このストラクチャーでは扉のハンダ付けに少々てこずりました。コチラをつければアチラがはずれ・・・って感じでした。
いずれにしても良い体験をさせてもらいました。
ありがとうございました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ