2007年05月24日

続 Custom Builder

IC E6 Diesel Electric Engines カスタムビルダはあちこちに居る。うまい下手は別として、人のキットを組み立て、仕上げてくれる人が居る。時々広告に出ている人は新参者で、Danのように名が知られている人は、広告など出さない。人づてで注文が入る。名刺すら持っていない。


IC 4-4-2 Sleeping car コンヴェンションで会うと、彼の顧客に招待されてレイアウトに行くのだと言う。そのレイアウトに行ってみると、彼の作品が何編成も並んでいる。一編成が軽自動車一台分くらいだから、すごいものだ。

 大抵は、流線型ディーゼル電気機関車と組み合わせての一編成である。機関車の塗りも素晴らしい。ほどほどの艶を出して、ディカルの貼り方も間違いない。

 彼の作品をいくつか紹介する。撮影者は同行のDickである。Dickも著名なCustom Builderであった。最近は健康上の問題があるそうで、引き受けていない。

 DickはBill Wolferと組んで、Penssyの特急列車を作っていた。Billが亡くなった頃から、カスタムを引き受けなくなった。Dickの客車は、日本にも何編成かが来ているはずだ。

 Dickとは70年代に知り合った。当時NASAで板金工をしていたと言っていた。とにかく器用な男である。朝鮮戦争の時に日本に駐留して、カツミに入り浸っていたという。当時の店員に聞くと、憶えていた。奥さんは日本人である。コンヴェンションでは毎年会う。大抵、近いブースである。 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ