2007年05月21日

Russ Briggsの客車

Russ Briggs Kemtronの客車は、全て一段エッチングなので、窓抜きその他は全部手仕事になる。正直なところ、忙しい人には出来ないだろうと思われる。

 85年にマサチュセッツのRuss Briggs DesignsKemtronのデザインを買い取り、より現実的なデザインに改良した。多段エッチングと抜き落としを組み合わせ、客車の屋根と側板を一体にした。曲げ加工して一体とし、組立を極めて容易にしたのだ。床下はウレタンのワン・ピース・キャスティングとし、実質組み立て時間は1台あたり3時間くらいだろう。また、新しい車種も追加した。

オリジナルの製品より、板がやや薄くなったが、実に簡単に組み立てられる。価格はかなり高くなったが、買う人は増えて、商売は成功したように見える。

 しかし、10輌以上の編成で軸受けが通常の方法では、とても牽けない。機関車が2両でやっとである。電流が大きく、大きなデコーダが要ると友人がこぼしていた。

 このような重量級の車両にはボール・ベアリングの効果は目覚ましい。30Kgの列車が1A以下で走るところを見たら、驚かざるを得ないはずだ。

 客車には電灯が必要である。いくら走行抵抗を減らしても、室内灯の電力が大きくては意味がない。電球色のLEDを点けて走らせるつもりだ。個室寝台は一部屋ずつ点滅できると面白い。これもDCCなら可能である。モータ駆動部の焼けたデコーダを利用すると、1台で数部屋の点滅が可能である。友人のレイアウトで見せてもらって、どうしてもやりたくなった。

 


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ