2007年05月19日

続々 Kemtronの客車キット

UPの絵葉書より Observation Car City of Los Angelesという列車はUPの看板列車であった。シカゴ−ロスアンジェルス間を2日半で走る。1930年代から特別な機関車で運行されていた。最初は蒸気タービン電気機関車、次はディーゼル電気機関車、その次は軽量なディーゼル電気列車、1956年の豪華なドーム付き列車などなど、興味は尽きない。

 この写真は1956年撮影で新車らしい。UPの絵葉書の写真だ。最後尾の文字はネオンサインである。もう少し良いデザインもあったのではないかと思われる最後尾である。この時期の他社のデザインに比べておとなし過ぎる。

 このドーム・オブザヴェイションのキットがあるが、「お好きなように作ってください」と買った人にお任せである。妻板は標準品が一枚しか入っていなかった。流線形部分の妻板寸法は、割り出してあるのですぐ作れる。この部分はいろいろな人の作品を見たが、どれも違うと感じた。写真をよく見て作りたい。

UP Dome cars 3台のうち、一番後ろがObservationである。問題は屋根の最後尾の丸みである。友人の勧めの通り、大きなブラスのブロックを削り出して作っている最中である。それだけで150 g以上あるので重心が上がって良くない。

 ドームの部分は一階が低くなっているので側板を下に延長する。やや丸みをつけなければならない。ブラスの地肌のままなのでみすぼらしいが、塗れば立派になる。この状態で10年も昼寝している。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ