2007年05月04日

続々 Central Locomotive Works

Tinning この写真はAlco PA,PBのボディシェルにハンダめっきを施した状態である。めっきといえどもかなり厚い。フラックスを塗って、ガスバーナであぶりハンダを擦り付けるだけのことである。たちまちハンダで覆われるが、重力で屋根の肩付近には多少の「タレ」が出来るかも知れない。一向に構わない。 

Sweat Soldered それに部品をネジで締め付け、さらに塩化亜鉛の水溶液を隙間に滲み込ませた上でガスバーナであぶる。

 肩に出来た「タレ」はうまく傾ければ隙間に流れ込んで完全に滲みこむ。このように仕上げれば、ハンダが全ての隙間を埋め尽くし、表面張力で微妙なカーヴで固まる。このようなハンダ付けを"Sweat Soldering"(焙り付け)と言う。

 この方法で仕上げた模型を日本の友人に見せると、「お前、下手だな。ハンダを使い過ぎだよ。」と必ず言われる。

 ところが、アメリカやイギリスの連中に見せると、"Perfect Soldering. Marvelous!"(完璧なハンダ付けだ、素晴らしい!)と絶賛される。

 余分なハンダは、ブラスの表面を銀色にしているだけで全く残っていない。これが最高の状態なのだ。

Soldering on Floor Stand 筆者宅のアメリカ製の電燈で、ブラス製のフロア・スタンドがある。ニューヨーク製の本物はこのようなハンダのにじみが付いている。アジアのどこかで作られているまがい物は全くハンダが見えない。そこが本物とそうでない物との見極め方であると、電気屋に教えてもらったことがある。 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ