2007年04月29日

IMP の Stock Car

UP Cattle Car これはIMPのStock Car(家畜車)である。Cattle Carとも言う。StockとはLive Stock(商品としての家畜)のことである。

 明らかにUPの貨車をプロトタイプとしているが、実感のない車両である。何が間違っているのかは言い難い。全体のバランスがおかしいのだ。羽目板の幅が微妙におかしく、台車同士の距離も少し近い。要するに台車が車体の端から遠いところにあるのが良くない。いずれ後者だけでも修理しようと思いつつ、30年経ってしまった。扉は一応開くようにはなっている。

 一時期から、本物の屋根はアルミ色になり、日光を反射させて、車内の温度上昇を抑えるようになった。側面は1950年頃からのある期間黄色のUPカラーになった。

 しかしそのあとは家畜車はほとんど姿を消した。生きたまま運ぶのはトラックの仕事になったからだ。

 馬とか牛はこのような一段式だが、豚や羊用は二段式である。IMPは一段の物しか出していない。

 馬はオークションで手に入れたもので、これはよく出来ている。座っている馬はなかなか探せないものだ。



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ