2007年04月19日

続 Thomas の Tank Car

Under construction 90%組み立てが終わったところである。
 手すりは、割りピンをダイキャストの小さな足に通して裏で広げる。そのままでも良いが、ハンダを流せば安心である。タンク上のラ二ング・ボードも穴に差込み、裏で広げる。これもそのままでも良いがハンダ付けする。

 ドームは中に小さなバネ状の板を入れて下からネジで締めると、そのバネが広がってドームに噛み、締め込まれれば隙間なく密着する。

 ドームの蓋は、簡単な蝶番になり開閉できるが、接着剤で固着する。塗装がはげるのが好きではないからだ。安全弁は、筆者の好みで側面に突き出た形のものを付けた。ドーム上面の穴は、焼きなました銅線を差込み、カシメて平らにする。少しやすりを掛ければ全く見えなくなる。

under frame フレームはいくつかの部品を差し込んで構成し、組立て用のボスをカシメて固着させる。多少の接着剤を併用すると、ガタがなくなる。ラニング・ボードはピンを差し込んでカシメる。そのあとで少しハンダを流してヤスリで余分を削り取る。

 連結器は前後方向に緩衝作用を持たせた優れものではあるが、Kadeeに換装した。縦フライスで削り落としてはめ込む。

 タンクの球面エンドはダイキャスト部品で、これを嵌めてフレームにネジ留めすると全てが完全に固定される。
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ