2007年04月10日

Layout Tour    Ralphを訪ねて その4

Ralph's dispatcher console これは20年前の写真である。既に完成している。このように全ての路線図が示されたディスパッチング・ボードは当時の主流であった。

 現在では、ウォーク・アラウンド方式が主流なので、線路に沿って部分的にしか路線図が描かれてない。また、DCCになると、路線を決定すれば、プログラムされたとおりに本線が開通するので、このようなボードは不要となる。ポイントの開通方向は、実物のように信号機によって指示されることになる。

Ralph's operating console これは運転台(キャブ)のコンソールである。左から出ているコイル状電線の先の小さい箱に御注目戴きたい。これはSWACと呼ばれる方式で、加速ボタン(A) と減速ボタン(B)しかない。A を押せば走り出す。放せばその速度を維持する。Bを押せば減速して止まる。そのまま押し続けると逆転したまま加速を続ける。放せばその速度のまま逆行を続ける。A,Bを同時に押せば急停止である。これは1976年頃、Railroad Model Craftsman誌に連載された物で、筆者も作った。電気屋の友人I氏はさらに進歩させたものを作った。

 Ralphとはこのような点でも気が合った。貨車の中に組み込んだ速度表示も同じ物を作っていた。これは列車の中に入れておくと、リアルタイムで速度を表示するものである。70年代にMRに発表されたものを進歩させたものである。

Ralph and Bob この写真はRalphとBobである。20年前の写真であり、後ろにはまだロストワックスの機器類が並んでいる。Bobについては項を改めて紹介する。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ