2007年03月26日

Green River

Green River Station Green Riverは、Rawlinsの次の補給地である。ここにはコロラド川の支流が流れ、良い水が豊富にあった。

 Tom Harveyの母、Ohmaはこの駅のBeanery Queenとして働き始めた。

 この機関区は、Big Boyを転向させる巨大なターンテーブルを持っていた。いろいろな角度でその写真が紹介されているが、その後ろには巨大な岩が写っているものが大半だ。

 その岩はこの駅の北側にある。駅の正面が昔の国道US30でその道をはさんでこの巨大な岩がある。

Castle Rock この岩はCastle Rockと言う。あまりにも近い。直線距離で600mくらいだろうか。そのふもとには住宅もある。

 UP沿線を紹介する昔の絵葉書などにはこの岩と駅を写したものが多い。30年前にはこの地域には高速道路がなかった。大陸横断のトラックなどは全てこの岩の前を通った。市内は時速25マイル(40キロ)でのろのろと走らねばならなかった。

View from Green River Station この写真は、筆者が1978年に駅から撮ったものである。自動車の形からも時代が分かる。

その後高速道路ができた。それは、なんとこの岩の中をくりぬいて作られた。中心をわずかに外しているので、町の中からはそれは見えない。地形を考えるとそこしかないのだが、ずいぶん思い切ったことをしたものだ。

Green River Stationの歩道橋 この駅の裏手にはUPの職員が沢山住んでいたので、このような跨線橋(歩道)が作られた。これは1930年頃に作られたものらしい。







 


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ワークスK   2007年03月27日 00:22
この辺りでしょうか?
http://terraserver.microsoft.com/image.aspx?T=2&S=12&Z=12&X=784&Y=5747&W=3&qs=%7cGreen+River%7cWyoming%7c
2. Posted by dda40x   2007年03月27日 22:43
面白い地図ですね。高速道路が描かれているからかなり新しいはずなのに、ターンテーブルが描かれています。

ターンテーブルはまさに岩の前です。川はくねり駅の南を流れています。洪水になるとどうなってしまうのでしょうね。

ここからもう少し西に行くと、グレンジャーと言う駅があって分岐します。アイダホ方面に行きます。COPL(City of Prtland)のルートです。 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ