2007年03月23日

「機関士の人生」

Locomotive Engineer 本屋に行くと、鉄道関係の本が気になる。手にとって見ると、まさに機関士の人生について書かれたソフトカヴァの本があった。1992年に出版されたものをCarstens社(Model Railroad Craftsmanの出版社)が再版したものであった。

 著者はSPの機関士であった。文体が生き生きとしていて読んでいても気分が良い。Tomの話と一脈通じるところがあり、とても面白い。300ページほどもあるが、一気に読んでしまった。

 踏切事故で機関車の側面が大被害を受け、ロッドが吹き飛んでしまうところが妙にリアルに書かれていて興奮してしまう。

 挿絵は数枚しかなく、ほとんど文字ばかりだが、気軽に読める本である。

Saving a Big Boy and other Railroad Stories この本はTom Harveyと同時代の人たちの話である。

 Big Boyを走らせていた人たち、裏方の人たちにスポットライトを当てた本である。機関区で働いていた女性の作業員、電信係、電話交換手、機関車整備員、列車指令、機関士の話をまとめたオムニバス形式の本である。写真も多い。

 吹雪に閉ざされて動けなくなった列車が凍りつく話も紹介されている。燃料がなくなった瞬間に機関車は凍り始める。800クラス、チャレンジャの燃料が尽き、氷の塊になった機関車の写真も紹介されている。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ