2007年03月11日

運転免許

 よく考えて答えた。答案を試験官の所に持っていくと、ちらりと見て、「この答はこれでよいのか?」と聞く。
「はい、いいと思います。」と答えた瞬間に、「残念だったね。また受けに来なさい。」とやられてしまった。

 ガックリきて帰ろうと思ったら、「どうだい、もう一回受けてみるかい?」と聞く。「ええ、お願いします。」と受け取った問題を見ると、さっきとは全く違う問題であった。何通りかの問題があるようであった。今度は難なく解け、提出すると、"You are a lucky guy.”(運が良かったね)と、笑顔で合格証書をくれた。

 次は路上試験だ。自分の車を取って来いと言うので、試験官室の前に停めた。試験官が乗り込んできて、「運転できるか?」と聞く。「できます。」と答えると「それでは適当にその辺を走れ。」と言う。

「ほう、うまいじゃないか。それなら、そこでUターンしてみろ。バックできるか。」と次から次に指示を出した。まっすぐ走ってきたので、バックはハンドルを押さえてそのままバックギヤにしてアクセルを踏んだ。当然まっすぐ走る。試験官は「うまいっ」と叫んだ。「今までの中で、一番バックがうまい受験者だ。」と褒めてくれた。

「ところで、お前、英語は読めるか。」と聞く。「はい、なんとか」と答えると、スクールゾーンの標識を読めと言う。読むと、解説せよという。「この近くには学校がある。子供を見かけたら速度を落とさねばならない。黄色ライトが点滅しているときは停止せねばならない。」と答えると、「とてもよく読めるな。たいしたもんだ。外国人でそこまで答えられた奴は今までいない。」と言う。「英語は今までどれくらいの期間勉強したのか。」と聞かれたので「8年間」と答えると、「それにしては下手だな」と言った。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yuu   2007年03月23日 16:33
5 再開されたのですね。
しばらくブログを拝見できなかったのですが、また宜しくお願いします。
今、読んでいなかった所を、ずっとたどっています。

免許の更新ができたのには驚きでした。
実は、私も前に免許をもっていたのですが、日本に帰ってきた後、また更新をしに戻りました。(もったいない!と思い・・・)
しかしビザがきれているのでダメだと散々言われてあきらめたことを思い出しました。

やはり、パスポートももちろん効力がありますが、免許は信頼性がありますよね。免許をみせるだけで、なんでも「おお、いいぞっ!」と許される気分さえしていました。

アメリカはあきれるぐらい偏っていたりしますが、わけもなく惹かれます。
2. Posted by dda40x   2007年03月23日 22:09
コメントありがとうございます。

州によって、更新の困難さに差があるようです。もともと運転免許は州の権限でしたから。

友達の家に住所を置いています。彼とは35年以上、家族ぐるみで付合っています。他人に住所を貸すのは、最近は避けられる傾向にありますが、今回も快諾してくれました。

銀行の口座もいまだに当初のを持っています。ちゃんと日本にまで毎月残高のレポートを送ってくれるのには感謝しています。こちらの住所は、当然日本のものにしてあります。少額の決済にも小切手を使えるので、とても便利です。しかりうっかりして所定の残高を下回ると、かなりの制裁金を毎月取られて、口座が消滅してしまいます。いつも残高には注意しています。
最近アメリカに送金するのは妙に高くなってきたので、行った時に入れるようにします。また、アメリカの友人に物を送ってあげたときに送金先に指定すると、向こうも安くて喜んでいます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ