2007年02月15日

Guilty

"Guilty"という章題がついている。刑事事件の有罪の意味である。

 この国の刑事裁判では、有罪が証明されるまでは無罪が推定されるという原則がある。残念なことに、鉄道ではそうではない。見習い罐焚きは、機関車を"Hot" にできるまでは有罪と看做される。

 ある程度要領が分かって蒸気が上がるようになり、機関士仲間で「あいつはなかなかやる」という話が出るまでは、乗務前に「こいつに任してやっていけるのか。」と疑いの目を向けられるのだ。

 罐焚きになるのには、年齢とか学歴といった線引きがあるわけではなかった。ある者は高校を終了し、そうでない者は鉄道の養成コースを出、その途中というのもいた。そんなものは、罐焚きの仕事とはあまり関係ない。

 罐焚きの仕事は厳しい。運の悪いスタートを切るものもいる。どうしようもなく調子の悪い機関車に当たって、塗炭の苦しみを味わうものもいる。そのときの機関士もハズレでは、本当にどうしようもない。これを"Lime Light"という。街路燈程度の火で、消えそうなことをいうのだ。このうわさは機関士仲間に知れ渡る。

 機関士は、失敗例だけしか覚えていない。うまく行って当たり前、失敗したらクズ扱いである。何人かの罐焚きは、ずっと「ドジ罐焚き」として扱われる。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ