2006年12月28日

小さいスプリングをはめる時の工夫

installing small springs 久しぶりに台車を組み立てた。

 小さなコイル・スプリングを片方に3つずつ押し込んでやらねばならない。以前は大きなポリ袋の中でやっていた。というのは、間違ってスプリングを飛ばすとたちまち紛失してしまうからである。しかしポリ袋の中は見にくく、能率が悪い。

 あるウェブ・サイトを見ていたら、面白い方法が紹介されていた。まず針と長い糸でスプリングを全部通してじゅず状にしてしまう。そしてスプリングを適当な工具で台車に押し込む。間違って飛ばしても、手元に落ちる。すべて糸の長さの範囲内だ。
 スプリングを嵌めたら糸を抜くと出来上がりというものであった。

 ちょっとしたアイデアであるがきわめて効果的で、ひとつも失うことなく120本のスプリングが納まった。

 このアイデアをあるウェブサイトで紹介したところ、内野日出男氏が「素晴らしい!」と激賞してくれた。「いや、私のアイデアではないのですよ。」と申し上げたら、「素晴らしいアイデアを紹介するのが素晴らしい。」ということであった、

 どのサイトだったかの記憶がない。アメリカのサイトであったことだけは覚えている。どなたかご存知であればお教え願いたい。


追記
 Google で、"install spring truck thread" と検索すると沢山出てきたが、みな孫引きであった。私が5年ほど前に見た記事は見つからなかった。 Dec.31,2006
  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ