2006年10月01日

もう一つのE8の前頭部

13da92d9.jpg これはJanの前頭部である。ホワイトメタル製で少々出来が悪い。どう見ても前面のガラス窓が細い。
 その他気になるところがあり、たちまちごみ箱行きになる運命である。 もっとも捨てるわけではなく、るつぼで融かしてウェイトになる。

 今まで手に入れたJanの製品の下回りは、すべてウェイトになってしまった。どのように贔屓目に見ても機関車の台車がホワイトメタルでは、満足な走りは期待できない。

 昨日のBob Smithのエッチングはあまり感心しないので、「この二人が手を組めばどうか」と提案したことがある。Bobは「オレに喧嘩を売る気か」と睨み付けた。
 Bobとは15年ほどお付き合いがあったが、5年ほど前に亡くなった。

 大量生産品に対して、ここで紹介しているような製品は一部の好事家が買って楽しんでいるわけである。ごく一部の熱狂的な支持者が満足すればそれでよいと言う立場で作っている。
 一からスクラッチビルドするのは大変だから、図面を書いて数字を割り付けるところまではしておいた。あとはお好きにやりなさい。ガタガタ文句をいうのなら買ってくれなくてもいいんだよ、という感じである。

 店で売っているわけでもなく、雑誌にたまに載る広告を見て予約する。手紙がきたら送金するというわけである。むしろ、あちこちで行われるスワップ・ミート(交換会)に行って買うのが安心だ。物好きは複数買って、数年後に手放す。人気商品は高くなるし、そうでないと安くなる。

 ネット・オークションはこのスワップ・ミートの代わりをしてくれている。便利な時代になったものだ。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ