2006年09月22日

逆ネジの効用

01566f0c.jpg この模型を見るまで、逆ネジなど模型には関係ないと思っていた。ライヴスティームの世界では、機関車の左右の部品を区別するために逆ネジを使う人がいるということは聞いたことがある。
 
 これはBill Pope氏のディーゼルのキットである。ダイキャストでできた左右型を逆ネジで締め上げている。こうすることによって隙間なく完全な組み立てができる。すばらしい発想だ。

   
 電動模型の世界ではあまり例を見ない。逆ネジを使えば、ネジの回転により二つのナットの距離を変えることが自由にできる。何か面白い利用法はないものかと考えている。ターンテイブルのディスクブレーキぐらいしか思いつかない。

 筆者の旋盤では逆ネジが切れない。逆ネジダイスを用意しなければならない。

 
 本日で開設以来、一月を迎えた。これも読者の皆様のお力添えと感謝している。記事は時間のあるときにある程度書き溜めておき、適当に切って公開している。難しいのは写真である。人に見せることを前提にしていない写真ばかりで、単なるメモでしかない写真が多い。そのあたりのことを御斟酌戴いて、お付き合いをお願いする次第である。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ