2006年08月26日

エッチングを試す

ca0dffb6.jpg Billは、すべて切削でものの形を作り出すということに拘っていた。エッチングは嫌いだとは言っても、ランボードのダイヤモンド型を彫り出すのは大変である。後に量産を試みた時に、エッチングを始めると言い始めた。
 最初に彼は感光剤を均一に塗る道具をこしらえた。これはWhirlerといって(日本語ではホワラと音訳されるそうだ)レコードのターン・テーブル風のものである。焼きなました真鍮板を置き、安全光下で感光剤をぽたぽたと中心に垂らしていくのだ。遠心力で全体に広がったら、赤外線ランプで裏から加熱し硬化させる。製図屋でコピーさせたフィルムを重ねて水銀灯で焼き付け、現像液で処理し、アルカリで洗い落とす。それを塩化鉄(掘砲稜燦水溶液に漬け、空気を吹き込むと5分くらいで出来てしまう。

 こう書くと簡単そうだが、いくつかノウハウがある。焼きなました板を使うのもそのひとつで、圧延の時のストレスにより「目」が出てしまうのを避けるためである。
 せっかくたくさん作ったのに失敗作もあり、私自身用に作ったDDA40Xの床板は足らなくなってしまった。そうしたら、Billは「そんなもの、針で引っ掻いて作ればよい」というのでガリガリと何十本も線を入れて作った。生の板を引っ掻くと片面だけストレス(応力)が開放されて反りくり返る。これも焼きなましたものを使うべきである。出来たのを見せると、"Oh, it's a scratch building."とおどけて見せた。"scratch"とは「引っ掻く」という意味であった。

 ところでこれは何だろうか。答えは3日後発表。(これはBillの作品ではなく、Kemtronという会社の製品である。日本ならさしずめエコーモデルさんの製品に相当するだろうか。)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ