2006年08月22日

Union Pacific鉄道の超大型機関車群を作る

f356aff4.jpg 70年代の初頭、Union Pacificは五千馬力以上の出力を誇る大型機関車を多数保有していた。

 当時、アメリカには日本製の鉄道模型が満ち溢れ、既存のアメリカ製ブラスモデル・ビルダは、ほとんどが解散、廃業していったのである。

 筆者はそのアメリカ製の鉄道模型をコレクションしている。そのほとんどはキットを手に入れて組立てて、外観の細密化と動力の近代化改良工事を行ったものである。場合によってはキットの一部を捨て、スクラッチ・ビルドし直した物もある。いずれにせよ、キット製作者の意図が尊重される形に作り上げたものばかりである。アメリカ製の模型は分厚い板を使って作られ、そう簡単には壊れない。ハンダ付けは、ハンダゴテではできないものが大半だ。そこにはハンダ付けの根本原理に関するノウハウがある。
 塗装したものはまだまだ少ないのだが、このブログを開き、日々進捗状況をお知らせすることにより完成までの時間が短縮されると信じている。
 
 一日につき2時間程度の工作時間しか取れないが、毎日少しでも進歩させるようにしている。外見だけを取り繕った模型でなく、中身を検討した模型を紹介したい。鉄道模型はよく走らなければならないのだから。

 乞う、ご期待!


コメント一覧

1. Posted by J.HORIE   2006年08月27日 09:21
アメリカの鉄道及び鉄道模型を熟知されている方のブログとあって大いに楽しみにしております。
それにしても毎日2時間…大変な事ですがやりぬかれると信じております。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ