2024年04月

2024年04月30日

続 dead rail engine

DCC dead rail 2日間の奮闘の甲斐あって、機能は回復したので試運転を披露した。



exhoust エンジンを始動する音がしてスタンバイである。2本の排気管から煙が出るとDennisの顔がほころんだ。汽笛を吹き、ベルを鳴らしながらゆっくり前後進して調子を見る。側線の奥にある貨車を連結して持ってきた。目の前で連結を開放するのだ。

 彼は開放用のマグネットの無いところでは解放できないと思っていた。連結器のナックルが開いて開放すると、目を見開いて驚いた。今まではソレノイドのようなバシャンという音がするものしか見たことが無かったので、今回の音もなく開き、閉じる工夫にはとても驚いたのだ。
 「Kadeeの下にぶら下がっている解放用の鉄線は必要無くなった。」と言うと「凄い!」の一言であった。その場で切り落とした。

 線路上では dead rail が実感できないので、テーブルの上でもやって見せた。レイルが無いところで走らせるのは、刺激的だ。抑速ブレーキは働かせる場所が無いので、話だけしかできなかったが、ぜひ見てみたいと言う。動画を撮る必要があるが、分かるように撮るのは難しそうだ。

2024年04月28日

dead rail engine  

 DCCの dead rail の機関車を持って行った。Dennisの感想を聞きたかったのだ。これは開発者のA氏の意向でもある。
 リチウムイオン電池を外し、それは手荷物で持って行った。スーツケース内に入れておくと、検査で見つかった時に多大な罰金が科せられる可能性があるからだ。

 到着後点検すると、ひどいことになっていた。空港でスーツケースを投げたようだ。上廻りは一部つぶれ、接着がはがれていた。堅い箱に入れ、何重にも緩衝材で巻いてあったのに、かなりひどい状態であった。

 この機関車は実験機で、電波の通りが良いプラスティック車体である。下廻りも激しく圧力を受け、台車がゆがんだのでショートする。
 電源は自分で持っているからショートしていても走るが、通電区間に入るとそちらの回路が飛んでしまう。

Workshop (5) 最初の2日は工作台を借りてオーヴァ・ホールをした。下廻りは全て分解し、調整をし直したのだ。Dennis の工作室にはありとあらゆるサイズのワッシャがあり、こういう時は助かる。 

  ブレーキ・シュウが微妙に当たるので、削った上で曲げて付けた。いよいよ試運転である。Dennisは興奮した。 

2024年04月26日

続 Low-D wheelsets 

IMG_4037IMG_4038IMG_4040 大きなレイアウトを持っていない限り、長大編成の運転はできない。アメリカといえども、そういうレイアウトは少ない。
 大きなレイアウトでは抵抗の大きな車輌を多重連の機関車でゴリゴリと牽いている。機関車1輌で貨車20輌が限度である。Low-Dならその5倍だ。

 曲線も半径72インチ(1800 mm)が普通で、筆者のように110インチ(2800 mm)以上というのは稀だ。急曲線で連接機関車の前部エンジンが横に大きくはみ出すのは興覚めだ。

 こういう話になると、理想と現実の違いである。既存の建物の中に作ると、小半径になる。別棟に作れば大きなものができる。大きな部屋を手に入れることが出来なければ仕方がないわけだ。そういう点では、筆者は運が良かった。均一な長い勾配を作ったので、牽引力の無いものは直ちに排除されてしまう。 

 Low-Dの応用例として、ハンプによる突放入替の話題が出た。
「すべての連結器にダンパを入れなければ、連結器座が壊れるな。」と彼は言う。筆者が、
「ヤードの仕分け線の下に空気を噴出するノズルを仕掛け、圧搾空気を送ってリターダとするのだ。」と言うと、笑い転げて「やってみたい。」と言う。実はこのアイデアは50年代のModel Railroaderに載っていると伝えた。
「当時は単なる思い付きのアイデアだったが、Low-Dなら可能だ。」と唸った。 

2024年04月24日

Low-D wheelsets

Dennis' layout このレイアウト上にはLow-D車輪がかなりたくさんあるが、その使い方は筆者の場合とは異なる。筆者は、とにかくたくさん牽かせたいから、抵抗を最小にした。それだけである。

「Low-Dの車輪は素晴らしい。音がしないのだ。」とDennisは言う。確かにレイアウトで列車を動かしても、とても静かである。一部の未改装の貨車はガラガラとうるさい。踏面の仕上精度が一桁以上違うからだ。それはDennisも気が付いている。

 彼のレイアウトではたくさん牽かせることは必要ではない。客車は5輌程度、貨物でも20輌程度である。「曲線上の抵抗が小さくてありがたい。」とは言うが、それはここでは大きな問題ではないのだ。

 ピヴォット軸受けの中には多めにグリースが入っている。抵抗を作り出しているのだ。これによって入替時に貨車を目的の場所に停めることができる。
「Low-Dは軽く動くので、貨車が思うところで停まっていない。」と言う。場合によっては細いリン青銅の針金を軸に当ててブレーキを掛けている。

 なるほどそういうこともあるのかと納得した。いずれにせよ日本ではお目に掛かれない話である。 

2024年04月22日

gusset plates

091851ab ガセットの作り方の説明をした。コンピュータで紙に打ち出したものを持って行った。それをスプレイ糊でブラスの薄板に貼り、リヴェットを押し出す。Dennisも筆者と同じ上向きの押出し装置を持っているので話は簡単だ。この道具はテキサス州のSan Antonio製だ。

 簡単に押し出してそれをハサミで切り出し、丸く反っているのを金床の上でゴムハンマでぶっ叩くとピンとなる。うまい工夫だと感心しきりである。それをハンダ付けするのが筋だが、接着で良いと伝えた。フラックスが良くないので無理はしないことにした。接着剤はスーパーXを持って行ってある。

 ハシゴはブラスのワイヤを嵌め込んでハンダ付けし、側面をヤスリで削った。ステンレスの硬さには驚いたようだ。ハンダだけが削れて、側面はつるつるになった。

 大体完成したので、レイアウトに置いてみた。例の三角の補強板は見える方向の片方しか付けないというと、「それは賢明な方法だ。」という。見えないものを苦労して作り、厚みが出て失敗するのは賢くないという筆者の意見に賛同した。
 信号橋というものは片方からしか見えないものなのだと言うと、「そりゃそうだな。」と笑った。 

dda40x at 04:22コメント(0) この記事をクリップ!

2024年04月20日

signal bridges

 持って行ったのは例の信号機のキットである。4線用と2線用の予備を作ってあったのでそれらを進呈した。体積は小さいので、スーツケースに簡単に入り、土産としては最適であった。

soldering on stainless steel is hard without acid flux Dennisはその設計の妙に非常に感動した。すべてがぱちぱちと収まり、ヤットコでつまむだけで形ができる。それをハンダ付けするだけなのだが、それには大変手こずった。ステンレスをハンダ付けしたことが無いのである。要はフラックスなのだが、塩酸の入ったタイプが無い。ロジン系のものは全てダメで、どんなに磨いてあっても全く流れない。ハンダは玉になっていた。
(この写真のハシゴの上部の不要な凹みはすでにプログラムを改良し、滑らかになっている。)  
  
 棚を探し廻り、ようやく酸性タイプを見つけたが、それはリン酸系のもので、これまた機能しない。街の工具屋で銅配管用のフラックスを探したが、最近は酸性のものが無い。というよりも、銅配管でハンダ付けをしなくなったようだ。ワンタッチで抜けなくなる巧妙な接手があり、それで100年以上持つという話だ。

 Dennisの知り合いの工場で塩酸を持っているところがあるというので、それを貰いに行ったが、どうも薄いようだ。臭いがほとんどない。筆者が塩化亜鉛と塩酸を少し持って行くべきであった。

 大変な苦労をして多少は流れるようにはなったが、筆者が参考用に持って行った写真のようにはならない。その写真では、すべての接合面に石鹸水のように沁み込んでいる様子が写っていた。Dennisは「これはうまいなあ」と感嘆していた。ステンレスは熱伝導率が極端に小さいので、小さなコテで付き、素手でワークを持っていられることを示すと、感心した。
 写真のハンダゴテはピストルタイプで、出力は150 Wである。引金を引くと、3秒くらいでかなり熱くなる。ハンダはボテッと付いている。こうしておいて、あとで塩酸を塗って炭素棒で加熱すると沁み込む。

 先回、筆者は1本あたり40分程度でハンダ付けが完了したが、フラックスが無いというだけで、2日もかかった。この写真を見せて同等品を探すように伝えた。おそらく水道屋の友人を訪ねて探してもらうだろう。 

2024年04月18日

visiting Texas

 5年ぶりにアメリカに行った。いくつかの用事が溜まっていたのと、「ちょうど日食もあるので来ないか」とDennis が誘ってくれたのだ。
 今回は天気が良くなく、日食は薄雲の隙間から見えただけで、星が輝くのは見られなかった。前回快晴であったのは、運が良かったとしか言いようがない。

a swicher works Dennisはレイアウトでの運転を完全にするために努力している。すべての機関車、貨車の連結器を整備し、全く手を触れないで列車の解結作業を行えるようにした。また、DCCサウンドを更新し、実感的な運転ができるようにしている。

IMG_4006 ストラクチュアは整然と並び、街路を構成しているのは素晴らしい。大きなレイアウトではないが、運転を楽しむ(operation first) ことに注力している。こういう楽しみ方は日本ではまず見ることができない。

 いつもなら、DFW ダラス・フォートワースまで300 kmを迎えに来てもらうが、彼は体調が良くなく運転を避けているようなので、近くまで飛行機を乗り継いで行った。この頃は国際線とは異なる路線に乗り継ぐと手荷物料金を取る。スーツケース1個で30ドルも取るのには参った。ドルが高いのでさらに驚く。

 持って行ったお土産を開くと、彼は歓声を上げた。彼が一番気に入っているものであったようだ。彼は筆者のブログを丹念に見ている。最近の表題が英語表示になったのは、彼の識別を助けるためである。彼は気に入った記事を自動翻訳で読んでいるのだ。

2024年04月01日

DCC dead rail engine

DCC dead rail A氏に改装をお願いしていた試作機関車が到来した。DCCによる無線操縦機関車である。これは今までのものとは根本的に違う。dead railでありながら、DCCのコマンドが100%使えるのだ連結器の開放もできる。こういう機能を持ったものは、まだ市場にない。すなわち世界最先端の機能を持つ。
 ご質問はあろうが、雑誌に載るまでは詳しくお答えすることができない。
 
 博物館の隠しヤードから貨車を25輌ほど(約10 kg)を牽き出して1.9%の坂を登っている。非常に低速が効き、毎秒3.5 mm程度でも滑らかに登る。実物ではモータが焼けてしまう速度だからあり得ない。毎秒20 mm(時速 3.5 辧膨度にしているが、これでも遅過ぎるくらいだ。サウンドが最大限に働いてエンジンの轟音が反響する。排気管からは煙(水滴)を吹き出させることができるが、消費電流が大きいので、観客があるときだけにする。重い貨車30輌を牽いて最高速(50マイル/h)で1.56%の下り坂を降りる途中で、dynamic brakeを利かせるボタン(F4)を押す。グワーンという音がして抑速され、抵抗器が熱くなる。これは本物と同じ動作である。実に面白い。

 まだ単機だが、2輌の固定編成で長大編成を引き出せるようにする。大きな負荷だが、おそらく100往復ぐらいはできそうだ。駐泊所に充電装置を置く。電池は大型のリチウム電池3本で11 Volts近辺だ。3本の直列充電は危険なことがあるので、2つの端子で充電ということは避けたい。枕木から4つの端子(場合によっては6つ)を出して個別に充電するようにしたい。

 ヤードでの入替中、案の定、奥の方で脱線があり、線路でショートが起こっていることが確認できたが、この機関車は全く影響を受けずに牽き出せた。1,2輌程度なら脱線していても、無理やり牽き出すことができる。 

Recent Comments
Archives
Categories