2014年05月09日

2014年05月09日

またまたスクラッチ・ビルディング談義

 昨年ある会合で、スクラッチ・ビルド至上主義の人に会った。その人の作品はあちこちで見る。かなりの腕自慢の方だ。その人が筆者に話し掛けてきて、「たまにはスクラッチの車輌を持って来ないか?」と言うのである。

 このブログもたまにご覧になるらしいが、全てを読んでいるわけでもなさそうだ。「3条ウォームとか、低抵抗車輪の話やイコライジングの話は読ませて戴いた。でもスクラッチしてないだろう。たまにはやらないと、あんたのことを疑っている人もいるよ。
 少々驚いたが、彼は正直な人なのだろう。人が言ったこと、自分の思ったことをそのまま伝えてくれたのだ。
 筆者は、「うんと暇になって、やることが無くなるまではスクラッチ・ビルドはしません。」と答えた。彼は不思議そうに筆者を見て、「できないわけないことは俺は知っているよ。でも他の人がどう思うかだ。」 

 他の人にどう思われているかはどうでもよいが、時間の使い方が問題だ。人生は短い。筆者もあと20年あるかどうか怪しい。やることは山積である。自宅のレイアウトを完成させなければならない。仕掛かり品の動力車が30輌ほどある。貨車は少し減って26輌になった。また、その時点ではまだ構想が無かったが、新規に建設するレイアウトを完成させねばならない。これは60坪もあるし、線路総延長は400 mほどもある。シーナリィは最小限にするが、色々なことを考えるとかなり大変な内容である。

 筆者は、長年完成品の改造を主としてやってきた。いわゆるニコイチ(2輌を切り継いで1輌にする)、サンコイチは得意中の得意だ。世界に一台の機関車もある。
 安く買ったブラス機関車をまっぷたつにするのはなかなか快感である。中には高級品もある。祖父江氏の4-10-2 SP5000を手に入れたが気に入らないのでUP8000に改造中である。煙室に凹みがあったので、修理するよりも取換えてしまえということになった。
 たいていの場合は、下廻りは新製である。もちろん祖父江氏の作品では温存した。スクラッチ・ビルドは多大な時間が掛かり、その時間を他のことに向けることができれば、人生は有効に使えるというのが筆者の結論である。筆者のところにはあまりにもたくさんの車輌があり、またそれらは性能試験上、必要であったからだ。規模の小さい鉄道を経営していたら、おそらくスクラッチ・ビルドをしていただろう。  

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ