2013年08月

2013年08月30日

「等角逆捻り機構の工夫」

JAM 2013 トークショウに引き続いて、今野氏の旋盤を用いた動輪の作成の実演があった。小型旋盤を現場まで送って、それをセッティングするので、大変なご苦労だ。位置決めピンが一本飛んでしまったそうで、QCTPがクウィック・チェンジでなくなってしまうという障碍が起き、それを乗り越えての講演で、さぞかし大変であったろう。筆者だったら、止めてしまいそうな状況だった。紹介記事があるので、それを参照されたい。
 今野さん、本当にお疲れ様。

 そのあと、筆者の等角逆捻り機構の講演だ。何人かの方から、「タイトルの意味が分かりにくい。」とお叱りを受けていた。現にグーグルでこの言葉を検索されて、当ブログに来訪された方が数十人いらっしゃる。それらの方は、「予習」を済まされてのご参加であるから、さほどの困難は無かったものと推察する。問題は、「何だろう」と思っていらした方たちだ。きっとよく分からないままではなかったか、と冷や汗が出た。
 このようなメカニズム主体の分野は、ご自分でブラス板を切って穴空け、ヤスリがけ、ハンダ付けをしたことがない人には分かりにくいかもしれない。

 出席者は少なくて5人、多くても30人と踏んでいたのであるが、100人弱ほどいらして、後の方の方は見えなかったのではないかと、申し訳ない気持ちで一杯である。

 今回は、
1 三点支持の性能が、前後進で異なること。
2 ロンビック・イコライザが、非常に特殊な場合にのみ成り立つ「特殊解」であること。
3 ロンビック・イコライザの効果を得るには、他にも無数の解があること。
4 フカひれイコライザ ≠ ロンビック・イコライザであること。
5 ロンビック、フカひれは、等角逆捻り機構という概念に統一されること。
6 等角逆捻り機構は伊藤剛氏の命名で、根本的には二点支持であること。
7 「制御された二点支持」という概念を理解すると、様々な応用例があること。
8 いかなる線路にも追随するような懸架装置を採用することによって生じる利点。
についてお話しした。

 作例も3種用意して行った。それと二軸台車のボルスタが倒れないようにした事例も用意した。これは現場で箱を開いて見たら、ネジが抜け落ちていた。それを嵌めるのに大わらわで、結局のところ、講演中に浮津信一朗氏のお手を煩わせて、締めて戴いた。この場を借りて御礼申し上げる。今野氏のお手製のロンビック・イコライザの見本をお借りしていたので、それもお見せした。

2013年08月28日

JAM 2013 鉄道模型功労者表彰

 8月17日の早朝に車で東京に行った。大きなスーツケースを持って行ったので、事務局の方は、いったい何が入っているのかと興味を持たれたようだ。その中には、展示用の機関車とクリニックで紹介する貨車を詰め込んであった。

JAM 2013 12時より鉄道模型功労賞の授賞式があり、伊藤 剛氏、平野和幸氏、河田耕一氏、山本 豊氏の4人に賞状が手渡された。そのあとで、受賞者各氏によるお話を聞くことが出来た。(左から、河田、山本、平野、伊藤の各氏)


伊藤剛氏 モノレールを語る sJAM 2013 剛氏の代表作は上野公園のモノレールだそうで、もともとは都の交通局が上野から羽田まで結ぶ構想であった。1957年にその試験線が上野動物園にできて、新聞記者多数を乗せた試乗車が走り始めた。ところが故障して、動けなくなって宙吊りになった。大変なことになったと思ったが、そこは機転の利く剛氏のこと、すぐに床下の非常用スロープを出し、それを延長して地面まで降ろした。新聞記者たちはそれを伝って避難した。「こんな長い滑り台は初めてだ。」となかなかの評判で、悪口を書いた新聞は無かったそうだ。この日、剛氏の顔色が悪く心配したが、話し始めれば調子が戻ってほっとした。
 剛氏の8 mm列車”Sunbeam”號は展示されていたが、今一つ注目が集まる場所ではなく、残念だった。あとで、「知らなかった」と見られなかったことを悔やむ話はいくつか聞かれた。

 拙ブログで伊藤 剛氏の話題を出したすぐ後に、JAMの理事の方からの接触があり、「我が意を得たりとの思いです。」とのことであった。受賞はすぐ内定したが、発表までは他言できない。これもなかなか辛いものであったが、幸いにも外国に複数回行っていたので、模型関係者と会うことが無く、助かった。 
 拙ブログも微力ながらお役に立てたようで、嬉しい。

 平野氏のお話では、レイアウトは何度も作り直しをされたようで、シザース・クロッシングの信頼性が低くて困ったとのお話は興味深かった。既製品は精度が低く、完全に平面には仕上がっていないからだろう。(よそで筆者の聞いた話では、大きな油目ヤスリでレイル面全体を丹念に削って平面を出すと良いそうである。)

 河田氏の、レイアウトにはアート(絵心)が必要という話には感銘を受けた。

 山本氏は小型車輌の専門家で、筆者にはあまり縁の無い方であったが、エピソードは面白かった。熊延(ゆうえん)鉄道で蒸気動車が走る様を一回だけ直近で見たことがあるそうで、その起動時、スリップしたという話は興味深い。それほどのトルクがあったのだ。調べたが、この蒸気動車の記録は見つからない。

 このようなトークショウは、非常に興味深い。もっと大きな会場でたくさんの聴衆に聴かせて差し上げたい。

2013年08月26日

続々々々々々々Heber Creeper

Heber Creepers partsHeber Creepers parts 2 これらの部品は旧型客車、貨車から外したものだ。整備して補守用に活用する。
 フリクション・タイプの軸箱をそのまま使うこともあるし、内部にローラーベアリングをはめることもできる。多少の出費で補守が不要になるから、長い目で見れば得である。
 ブレーキビームもあるが、先回も書いたように、切れた時に危険である。現在の路線には特に急勾配もなく、問題はない。
Heber Creepers parts 3 Pullman 6-wheel Truckである。完全に整備してあった。現在更新作業中の客車に履かせる。すでにローラ・ベアリングが装荷されている。



Heber Creepers passenger car oHeber Creepers passenger car これらの客車はずいぶんくたびれている。更新作業を急がねばならないと言っていた。塗装が傷んでいるとみすぼらしく、お客が乗ってくれないのだ。


Heber Creepers baggage carHeber Creepers Signal Bridge このコンバインは更新なったばかりである。素晴らしい。倒産して放置された鉄道を立て直すのだから、やるべきことは多い。 
 ゆっくりではあるが、着実に進んでいる。ヴォランティアの人たちも来ていて、作業をしている。ペンキ塗りも楽しそうである。この鉄骨は信号機を取りつけるSignal Bridgeである。駅の入り口に付ける。Rio Grandeから貰って来たそうだ。
 
Heber Creepers passenge train 蒸気機関車が走るようになったら、また来たいと思った。


2013年08月24日

続々々々々々 Heber Creeper

Heber Creepers Freight Cars この博物館には70年代にはよく見られた車輌がいくつか保存してある。これらの車輌はフリクション・ベアリングの台車を付けているので、この鉄道から出られないのだそうだ。尤も、現在は本線への接続は断たれている。

 分かりやすく説明すると、現在のUPとかNS等の一級鉄道は台車にローラ・べアリングが完備されていないと列車の中につないでくれないのだそうだ。また、ブレーキも床下にロッドが見えているタイプは駄目らしい。切れるとブレーキが効かなくなるからだ。 この基準に満たない車輌はトレーラで運ぶ他ないのだ。

Heber Creepers Tank CarHeber Creepers GS GonHeber Creepers WM Boxcar これらの鋼製車は筆者の好みである。レイアウト上に複数が載っている。Max Grayの時代あるいはもうひとつ前の世代の模型なので、それほどのディーテイルは付いていないが、これらをチャレンジャあたりに牽かせた列車はとても魅力的だ。

Heber Creepers Jordan このような業務用車輌もある。これは石炭採掘鉄道のUTAH鉄道のJordan Spreaderである。かなりガタが来ている。 山あいの多雪地帯であるから除雪は大切だ。
 


Heber Creepers UP Critter これはかなりの珍品である。70年代にKalmbach社から発行されていたDiesel Spotters Guideという本に出てくるUPの貨車移動機である。こんなところにあるとは思わなかった。
 エンジンフッドを横に開いている。この部分はもともと外に飛び出しているので、形が分かりにくい。閉めて撮ろうと思ったのだが、自然に開いてしまうので、諦めた。

Heber Creeper Davenport Railtruck様より、フッドの閉った画像を探して戴いたので掲出させて戴く。


 

2013年08月22日

続々々々々 Heber Creeper

Heber Creepers Caboose (0)Heber Creepers Caboose (2)Heber Creepers Caboose (7)Heber Creepers Caboose (8)




 UPの木造カブースがあった。かなり古いが、よく補修してある。戦前の色である。キュポラを支えるストラップはこんな形である。ロッドタイプもある。煙突の支えの形が面白い。
 デッキのステップの奥行きが意外と浅い。足を滑らせて落ちそうである。
 台車は多少乗り心地の良い板バネ仕様である。ダンピングが効く。コイルバネでは飛び跳ねるであろう。

Heber Creepers Caboose (6)Heber Creepers Caboose (5)Heber Creepers Caboose (1) デッキの板は痩せてすのこ状になっている。元は隙間が無かったはずだ。ルーフ・ウォークの端はこのようになっている。特に末端を留めているものは無い。
 

Heber Creepers Caboose (9) 室内は美しい。当時のままである。 ストーブの周りは木材が燃えないように鉄板で囲ってある。キュポラ部分はこの位置からは見えにくい。
 この写真の左上に斜めに走っている明るい部分はガラスの反射である。反射光が入らないよう、手で覆っていたのだが、指の隙間から入ってしまった。
 

2013年08月20日

続々々々 Heber Creeper 

Heber Creepers crane 2Heber Creepers crane 3Heber Creepers crane 4 このディーゼル・クレインは比較的新しい。多分70年頃の製品だろう。
 台車は、フリクション軸受であり、ブレーキロッドが外に付いている。すなわち、内部にはブレーキ機構を入れられない理由がある。
 

Heber Creepers Crane 1 下を覗き込むと、電動機が見えた。二軸を駆動して自走するのだ。それほど大きなモータではないが25kw位はありそうであった。歯車箱を持ち、開放式では無い。どの程度の速度で走るのだろう。場合によっては2,3輌の貨車をつないで移動することもあったのかもしれない。


Heber Creepers crane 6Heber Creepers crane 5 これはいわゆるMateである。クレインの相棒になる貨車で、ブームを載せたり、様々な資材を積んでおく。今回は空に近い状態であった。
 床は真ん中が凹んでいる。理由を色々考えるに、無造作に積んでも崩れにくいことを期待しているのではないかと思った。
 実際のところは不明である。



2013年08月16日

続々々 Heber Creeper

 この保存鉄道の利益を生み出す客車の更新が進んでいた。

Heber Creepers passenger car 1 座席を全て取り外し、内装を完全に新装する。この客車はLackawanna鉄道から来たのだ。床はコンクリートを流し、リノリウムが塗ってあった。典型的なへヴィウェイト客車である。
 座席は転換式である。その機構部分は鋳物製だ。


Heber Creepers passenger car 2 外装の錆びた鉄板は切り取り、新しい板を熔接して補修する。この部分はトイレがある。客が用を足すには、昔風のトイレではもう許されない。
 
 


Heber Creepers passenger car 3 トイレの床下には大きな汚水タンクがある。ボールコックで中味を出すようになっている。連結器のドラフトギヤを避けた位置についている。
 ほろはドイツ風のゴムパイプである。最近これをアメリカでもよく見る。


Heber Creepers passenger car 4 昇降台辺りである。かなりひどく錆びていたので、大きく切り取って補修してある。階段はスノコである。雪が降る地方ではこれが良い。
 
 



17、18日はJAMに行くことになった。17日12時から鉄道模型功労者の表彰が行われる。伊藤 剛氏が表彰される。このブログも微力ながら、お役に立てたようだ。 というわけで18日は休載させて戴く。



2013年08月14日

続々 Heber Creeper

Heber Creepers machine shop 2 Machine Shopの中を案内してもらった。大体8割以上進んでいると思えた。火室を組み立てればボイラはすぐ載せられる状態だ。軸箱は完全に新製して砲金のライナが鋳込まれている。それを研削していた。


 
Heber Creepers machine shopHeber Creepers machine shop 3 この機械は横フライスである。フルバックの刃物を使う巨大な機械で、フレイムの切削をする。ここではちょうど動輪の軸箱の加工をしていた。
 刃物は大きい。これで削る所を見たかった。赤く焼けた切り粉がびゅんびゅん飛ぶのだろう。以前別のところで見た時は、切削油を流しながらの作業だが、油の霧を吹きながら飛び出す切り粉が壮観だった。

Heber Creepers machine shop 4 動輪は新しい軸とタイヤとが嵌められ、保護用の木片が当ててある。スティーヴンソン式のヴァルブ・ギヤだ。保存されている0-6-0では比較的珍しい。
 この動輪もこの工場で作ったのだ。


Heber Creepers machine shop 5 この曲がった板はテンダーの側板である。3/8インチの板で、すぐ組み立てられるようになっている。テンダのフレイムは組み立て式で、底板が必要である。鋳鋼製なら不要である。



Heber Creepers machine shop 6 キャブは完成し、塗装のために外に置いてあった。完全な新製品である。





2013年08月12日

続 Heber Creeper

Heber Creepers s2Heber Creepers s1Heber Creepers s3Heber Creepers s4




 この蒸気機関車がここ数年走っていたものだ。
 いかにもBaldwin風である。州内のどこかの公園にあったディスプレィの機関車を運んで来て、修復したのである。ところがこれも使い過ぎてボイラの厚さが減ってしまった。爆発するといけないので、ボイラを載せ換えることにした。ところが工場の中には、現在修復中の0-6-0がある。それを完成させないことには、場所がない。

 
Heber Creepers s5Heber Creepers s6 この0-6-0は、製鋼会社から持ってきたと言っていた。フレイムと輪心、シリンダブロック、ロッド類だけを残して全て新製になる。ボイラを作っているのだ。ボイラのステイ・ボルトは全て新製してある。先端が丸いFlexible Boltであるから、自由度が大きく、長持ちする。
 長さ別に整理され、ボール部は保護されている。

 ボイラを本当に作っているのには驚いた。職人を二人持っているそうだ。ここまで来ればもう後は早いはずだ。この工場の中には鋼板を曲げるローラや、車輪を削る縦旋盤がある。

2013年08月10日

Heber Creeper

Heber Creepers 1 ソルトレーク市の南東、直線距離で約30マイルの山の陰にHeber Cityがある。ProvoからのDRG&Wの30マイルの支線があって、旅客や貨物を運んでいたが60年代に廃止になった。70年頃、蒸気機関車による観光鉄道として人気を集め、Heber Creeperとして有名になった。Creeper とは、這うことを意味し、機関車が列車を牽いて喘ぐように登ったからそう言ったのである。しかし、観光鉄道の区間には急勾配はない。

 70年代にはここに連れてきてもらって、ピクニックを楽しみ、汽車の煙を吸った。当時は0-6-0とか2‐8‐0などがいた。客車は木造で、貨車はリヴェットが一杯のものが多かった。

 80年代に再訪したが、景気は悪そうであった。客が減ってきたのである。ところが2002年のオリンピックで息を吹き返した。観光客がこれに乗りたがったので、かなりの高密度運転をしたようだ。
 その後、機関車の酷使と景気の後退で、事実上の休止状態に陥り、破産したようだ。現在の経営母体は以前のような個人経営ではなく、州政府が土地と蒸気機関車を提供し、ヴォランティアを中心に動いているようだ。経営を任されているのは、企業の経営者だった人で、ヴォランティアで来ている。なかなかの人物で、きっとうまくいくであろうと思った。
 機関車はユタ州のどこかの公園にでも放置されていたものであろう。それをここに持ってきて、完全にリビルトする。「ここの工場は全米で5本の指に入る蒸気機関車再生工場である。」と誇らしげに語った。 確かにそうだろう。どう考えても、そのような工場がたくさんあるわけではない。
 以前の機関車は倒産時に売り払われ、オレゴン州の方に行ったそうである。

 蒸気機関車の運転をしていると思って行ってみたところ、ディーゼル電気機関車であった。客車をつないで、全行程3時間の往復運転をする。実質的に走っているのは1時間強である。

2013年08月08日

続々 Bingham Copper Mine

Kennecott この写真は数マイル離れて撮ったものである。矢印のあたりに穴がある。人類の掘った穴で世界最大と言う触れ込みである。左の明るい色の山は昔はなかった。この20年くらいの内に積み上げたものだろう。
 地形はどんどん変化する。この写真の鉄橋も70年代には、すでに無かった。この谷は埋められてしまったのだ。筆者が最初に行った40年前はこの谷を埋めてから間がないころで、「ここに橋があったんだ。」という説明を聞いて、なるほどと実感できる状況であった。
 25年前に行ったときはそんなことを考えることもできないほど積み上げられていた。谷全体が別の山に埋められたという状態であった。Visitor Centerに行く道も全く別のルートになっていた。

 掘り出される岩石の量たるや凄まじいものである。鉄道で積み出していた頃はおとなしいものであったが、ダンプ・トラックに変わると、そのスピードが格段に上がったように感じる。積み上げ方も雑に感じる。地山の勾配と、積み上げた岩石の勾配が同じというのはおかしい。積み上げたものが崩れない角度を「安息角」と言うらしいが、そんなに大きいわけないのだ。
 いくら地震が無く、雨の降らない地域とは言え、油断したのではないかと思う。

Tram from Airport S Binghamという地域は街の中心部から離れていて、やや異なる文化を持っていた。言葉も多少違い、いわゆる流れ者の末裔である。鉱山街特有の雰囲気であった。
 今回の訪問で気が付いたのは、街の中心まで一気に行ける電車の開通である。空港にも直接行ける線が開通したのである。
 
 ビンガムのあたりは鉱山以外には何もなく、延々と続くジャガイモ畑のみであった。そこによくロケットの打ち上げに行った。ロケットは最近日本にも輸入されている本物のような火薬式である。二段式であると1000m近く上がるので、市街地ではとても無理であった。懐かしい思い出であるが、現在はそのあたりは大きな住宅地になっていた。市内への通勤が出来るので、若い人たちが家を買うのである。

2013年08月06日

続 Bingham Copper Mine

Section Bingham鉱山はもともと山頂付近にあった小さな露頭の発見から始まった。その露頭部はせいぜい直径が100 m ほどでそれが斜めに山の中にめり込んでいた。その鉱脈を掘るためにはすり鉢状に山を削るしかなく、その削った土砂は近くの谷を埋めて処理をしていた。 左の図は、筆者の聞いた話を再現した図で、現実の様子を表しているわけではない。
 筆者が最初に見た1970年代は地山の縁(へり)がまだ存在していた。その後40年も経つと、すでにズリを捨てる場所が無くなり、手近の山の上に積み始めたのである。

 当時は穴の深さはせいぜい1000mであった。現在は周りに積んであるので最大1600mほどになる。
 鉱山の遠景は、この40年でずいぶん変わった。昔はあのあたりに穴があると言うことが分かった。現在はそこかしこに積んであって、遠くからは全く様子が分からない。
 今回の崩落はこの積んである部分が崩れたのだ。地山は崩れているようには見えない。

 地山は昔の鉄道線路のあとがまだ判る。固い岩を崩して階段にしているのでそう簡単には崩れない。積んだ部分が弱いのは自明である。積み上げた部分をよその移動する必要があり、その捨て場をどこにするのかはかなり難しい。おそらく巨大なベルトコンベアを作るのだろう。

 今回の事故で死傷者はいなかったそうだ。事故が起きたのは夜で、操業中ではなかったからだ。昔は深夜でも列車の運行は行われていた。そうしないと500 km もある線路を登り切れなかったからだ。3日も掛かって登って来たのだ。

 今回の事故での損失は計り知れない。場合によってはこのまま閉山になると言う噂もあった。この鉱山は低品位鉱山であって、銅の価格が低迷すると、利益が出ない。ベトナム戦争のころは銅が不足したので、大変な好景気であった。現在では派生する金、銀、モリブデンなどで食いつないでいた。


2013年08月04日

Bingham Copper Mine

Kennecot Mine 久し振りにBingham 鉱山に行ってみようと思った。Salt Lake City中心から車で40分、約 50 km である。道端に剥がれかかった掲示が見えた。
”Visitor Center Closed" 要するに、見学できないというのだ。しかし剥がれかかっているのだから、誤表記だろうと気楽に考えてゲートまで行った。すると、また ”Visitor Center is Closed."と言う。
「今日が日曜日だからか?」と聞くと、「あと二年は駄目だろう。」と言う。「どうしてだ?」と聞いても、「会社の方針である。」としか言わなかった。

 近くの友人の家を訪ね、その話を持ち出した。なんと、巨大な地滑りが起きて、穴が埋まってしまったと言う。とんでもない話だ。インターネットで探してみるとその話はいくらでも書いてある。守衛がいくらごまかしても無駄だ。

Landslide in Bingham Mine この写真が一番はっきりしているので掲出する。積み上げたズリ(鉱石でない岩石)が崩れて、すり鉢状の壁を崩落させた。穴の深さの1/3位が埋まっている。これを掘り出して新たな捨て場を探し、操業開始するのに二年というのは決して大げさではない。
 昔のように鉄道でズリを運び出していたのとは違い、大型ダンプで仕事をしている。仕事が早くなったので、積み上げ方が変わったように感じている。

power shovel これは崩落直前の画像をグーグルアースで作成したものである。 これを見るといかに崩落した体積が大きいか分かる。一説によると、ニューヨークのセントラル・パークの総面積に19mの高さまで積み上げた体積だそうだ。

power shovel ダンプトラックや巨大なパワ・ショベルが何台も埋没している。仕事ができないので、とりあえず250人を馘首したらしい。地域に与える経済的なショックは大きい。
 


 動画もあるのでご興味のある方はご覧戴きたい。ソルトレーク市の州会議事堂を見降ろす山の上からの眺望が見られる。そこから市の中心部までの距離の地滑りだと言いたいのだ。もちろん落差は3倍以上である。 



2013年08月02日

続 持ち帰った工具

6-inch Degital Caliper 他に持ち帰ったものとしては、デジタルノギスとDremelのMoto-Toolがある。
 前者は評判が良い。日本国内で売られている中国製のノギスの中には、誤差が大きいものがあるそうである。しかし、筆者はシカゴの親しい店から購入しているので、精度は保証付きである。店に行くと、1インチ、1.5インチ、2インチの精密ゲージ・ブロックがあって、それで調べてくれるのだ。中には微妙なハズレもあるそうだが、ほとんど間違いない。1/100 mm まできちんと測れて、再現性が完璧である。しかも安い。米国内送料を入れても2000円ほどである。必ず欲しがる人が居るので、いつも多めに手配しておくと喜ばれる。

Dremel 8200 もう一つはドレメルの充電式のモート・トゥールである。最近は10.8 V リチウム電池搭載で、かなり強力である。ケースに入って、ある程度の先端工具付きである。コレットは1/8 インチ用しか付いていない。3/32インチ用のは別途買う必要がある。旋盤工作が好きな人なら、自作できるであろう。
 この2台の行き先が、決まっていなかったが、拙ブログで紹介したら、あっという間に無くなった。 電池の持続時間は、全速で使用して6分間位である。緩速使用なら、12分間ほど使える。電池は継ぎ足し充電が可能であるので、充電しながら使うことができる。公称1時間で充電可能である。
 

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ