2013年07月25日

2013年07月25日

持ち帰った工具

 今回は純粋に人に会うだけの旅行であって、コンベンションのように物を持って行ったり、買ったりすることが無い。スーツケースは空同然であった。こういうときは頼まれていた工具類を持って帰るチャンスである。

14 今回、頼まれていたOptical Center Punchをたくさん買った。知りあいの店に注文して、これも友人宅に送らせておいた。軽くて大きな箱が届いた。注文数を間違えて少し余ったが、欲しい人はたくさん居るので、心配はない。現にメイル1本であっという間になくなった。
 この工具は評判が良い。最近は円安で高くなったが、それでも8000円ほどである。日本でも類似品はあるようだが2倍ほどもするようだ。
 brass_solder氏が早速レポートを書いて下さった。 


Steel Square 2Steel Square 他にもリクエストに応えて購入したのは、このスコヤである。通常の組み立て式とは異なり、全体が一体である。すなわち狂いにくい。組み立て式のものを信用して使っていてひどい目に会ったので、それを廃棄してこれに乗り換えた。
 厚板から削り出しであるので、重厚である。「この重さが何とも言えない。」という感想を多くの人から戴く。今回はHOの人たちからのリクエストなので、小さいものを選んだ。大きなものもある。エッジが斜めになっているので、全体を少し傾けてエッジを密着させて使う。昨年のKonno氏のレポートをご覧戴きたい。

towing member and hitch 車の部品でかさばる物を買った。これは車の後ろに取りつけて、トレーラを牽く装置である。ネジ4本で付けられる。とは言え、アンダーカバァの一部を切り取らねばならない。
 私の車種用は日本ではまず見つからない。たとえあっても10万円もするだろう。それがたかだか130ドルだったので買った。箱ごと手荷物として預けたら、案の上、荷物検査で箱は切られ、中身が飛び出していた。
 下のタイルが30cm角だから、大きさは見当が付くだろう。自動車部品はほとんどがこのように大きな箱に入り、その大部分が空気である。しかし、この箱を切り縮めたりすると、平均密度が大きくなって持ちにくかったり、壊れやすくなる。箱ごとの質量は15 kgであった。
 中味は11 kg強である。
 友人宅に送らせた。友人の奥さんは、「貴方宛の荷物が届くと、貴方が来るということが分かる。」と笑った。 

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ