2013年03月14日

2013年03月14日

さらに等角逆捻り機構  

pantograpgh typepantograph type4 先日来、頭の中には出来ていたのだが、形にしていなかったものがある。昨日時間を見つけて、一気に作った。今回は一応原寸図を用意したので、それを写して4時間で作った。上廻りの加工もあったので、都合7時間で完成した。なんとなく、ディズニィの「魔法使いの弟子」に出てくる「箒の水汲み」のような形だ。

pantograph type2pantograph type3 リンク機構による等角逆捻りである。最もコンパクトにするには遊星歯車が良いのだが、それは売っていないし、バックラッシが無視できない。
 そうなるとフカひれ型なのだが、重さを打ち消すのにトーション・バーなどの工夫が要るし、バネは調節が面倒である。カウンタ・バランスだと計算だけで大体OKである。バランスが良いので非常に軽く動く。二つの写真は手前の台車を捻った時の、クロスヘッド位置変化を示す。


pantographtype 7 さてこの写真で構造はお分かりだと思う。貨車の背骨の中に通っているシャフトはただ回転するだけである。それに付けたアームは上のパンタグラフを動かす。フカひれ型の様に作動軸が斜めになることもなく、理想的な等角逆捻りである。
 リンクでクロスヘッドが上下するから、その動きを反対側のリンクが拾い、逆捻りに"翻訳"する。クロスヘッドは角パイプで、するすると滑る。潤滑剤無しでも動くようにしたかった。油を付けると、いずれ埃を呼んで動かなくなる。グラファイト粒子をまぶす程度にするつもりだ。"翻訳"というのは伊藤剛氏の使われた言葉である。
 
pantograph type5pantographtype6 クロスヘッドと上部リンクは軽く作るが、多少の質量があるので、右捻りと左捻りでは差が出てしまう。その重さを打ち消すもの(G-キャンセラと命名)はカウンタバランスとした。ある程度は計算しておいて、角棒をネジで少し動かし、最良の点で少量のハンダで留めた。

 例によって、回転中心は段ネジとし、それが留めるリンクは厚く作った。動きは滑らかだ。



 ウィキペディアのロンビックイコライザの記述は悲惨である。ウィキペディアが如何に信頼できないか、の見本のようなものである。どなたか、書き直して戴けると嬉しい。この記事の図やGIFをお使い戴いて、結構である。    


 しばらくシカゴ方面に来ている。Chicago O Scale Meet で講演をするように誘われたのだ。この貨車を持って来た。
 貯まっているマイルの消化旅行である。ファーストクラスでの往復も可能であったが、例の787事件の影響で座席が押さえられなかったのが残念だ。
 しばらく休載させて戴く。

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ