2010年06月29日

2010年06月29日

続々々 Max Gray のタンク車

WARREN Chemical Tank Car ケミカルタンク車には、プラットフォームがないものもある。
 このドームには「緑を塗れ」と指示してある。しかし、その彩度が分からない。後で彩度を下げるのは容易であるので、とりあえず鮮やかにしてある。

Du Pont Silver Tank CarBrea Chemical Tank Car 銀色のケミカルタンク車は美しい。左のDu Pontのタンク車は先回の黒の銀塗りである。液体アンモニアを運ぶことになっている。
 右のBrea Chemicalが何なのかはよくわからない。1950、60年代によくあった原子を表す絵が付いている。

Monsanto Chemical Tank これはモンサントのタンク車である。日本では三菱との合弁会社がある。多分リン酸を運ぶものではないかと推測する。


Philgas Chemical tank CarEastman Tank Car W/ Platform Philgasはオクラホマ州の石油会社である。オクラホマにはいくつも石油会社があり、それらの独自のブランドでガソリンを売っていた。
 右のEastmanのタンク車は部品が余っていたので、プラットフォームを作った。プロトタイプがあるのかどうかは分からない。このタンク・ボディには深い dent(凹み)があった。直すのも面倒で、仮組みして伊藤剛氏に見せたところ、"Authentic"(真正な、すなわち揶揄して写実的であるという意味)とのことで、そのままにした。
 

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ