2010年04月06日

2010年04月06日

Kalmbach社のHOレイアウト

MR Layout 1MR Layout 2 30坪ほどの部屋に案内された。この部屋では、社内のボランティアによるHOレイアウトを建設中である。かなり意欲的な設計も取り入れられているが、概してこれまでに発表されている手法によっている。

 当然ウォーク・アラウンドを採用している。路盤の高さは54インチ(137cm)を標準としているようだ。 HOであればこの高さが目の高さからの距離が近くてよいだろう。
 日本人の体格からはこれよりやや低い方がよいだろうが、130cm以上は欲しいところだ。日本にあるHOレイアウト(モジュールレイアウトを含む)でこの程度の高さをもつものがいくつくらいあるのだろうか。

 アンディに、「数年前、JAMの第一回の時、講演されましたね。『低空飛行のヘリコプタからの眺望』というお話でしたが、それが日本では理解されたか、いささか疑問です。日本ではどうしても全体を見渡せる場所から固定されたコントローラで走らせるという方式から抜け出せない人が多いように感じています。また、レイアウトの路盤が低い場合が多いのです。」
と言うと、
「良い物でも浸透するには時間が掛かる。アメリカでも、当初はなかなか理解されなかった。レイアウトの高さは徐々に高くなってきてここまで来た。」
「Oスケールでは多少低くてよいが、HO、Nでは高くないと車両を横から見ることができない。」
と述べられた。
「成功した事例がいくつかできると急速に普及するのではないか。」
とのことである。

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ