2010年02月14日

2010年02月14日

イコライザの設計 その5

Mikado suspension proposal こんなイコライザはどうだろう。これはヨーロッパのアイデアらしいが、途中の何軸かをイコライザ群から外すという手である。これらは動軸であるので、バネで軸重を十分に掛ける必要はある。この構造は実物にもある。走行安定性だけを考えるなら、パシフィックやミカドなどに使える手である。手持ちの機関車につけてみるつもりである。この図中、オゥヴァハングの起点がイコライザ支点とずれているのは力学的な等価点を考えれば当然である。
E Tank Suspension 国鉄のEタンクの 4110 はこれを採用しているらしい。もし、Eタンクが2軸と3軸のイコライズであれば、非常に不安定になることは明らかだ。
 この方法では前後のオゥヴァハングが小さくできる。途中の二軸の動輪のバネを弱いバネで長くすると圧着力を稼げる。支点が遠く離れるので、走行安定性は素晴らしい。中間軸のバネはストロークを長くせねばならない。このあたりのことは高校の物理の教科書をよく読む必要があるかもしれない。この方法ならば、折れ勾配にはとても強くなる。

 我が国の鉄道模型を見ていると、どうも「実物の写実主義」を前提としているように感じる。本物とは全く異なる折れ勾配、段差、急曲線、緩和曲線なし、緩衝性の無い線路、広いゲージ、太いタイヤ、高いフランジという条件で走らせているのにもかかわらず、である。
 本物通りというのはほとんど意味を持たない。上に述べたような条件下で良く走る模型というのは何かを考えなければならない。筆者が先台車の復元装置の必要性にこだわるのは、そういうことである。

 固定軸距離の大きな機関車、たとえば4-12-2などはこの方法が最も有効であろう。通常のイコライザでは折れ勾配に対応できない。いずれ改装することになる。三気筒で復元装置を含めたイコライザの設計は難しいが、やる価値がありそうだ。

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ