2009年12月17日

2009年12月17日

Bingham 

Bingham Cupper mine全景 鉄道撤去後の斜面 Binghamはソルトレーク・シティの西方約50kmにある。初めて訪れたのは1972年である。巨大な穴の中までらせん状に張り付いた長大な鉄道があった。GEのsteeple cab(凸型)の電気機関車に牽かれて長い鉱石列車が登り降りしていた。砂漠の中で、ここだけが完全電化されていた。
 1940年頃までは蒸気機関車によって鉱石列車を牽引していた。巨大な2-8-8-2の関節型蒸気機関車が走っている写真を見たことがある。穴の中では煙が出て行かなかったらしく、穴が深くなると電化を決意せざるを得なかった。

 天候によっては、穴の中に雲がある。不思議な丸い雲で動かない。

 穴を深くするためには全ての斜面を広げなければならないので、線路を年二回横にずらすと言っていた。その労力たるやすさまじいもので、その土砂を捨てるために新たな鉄道を敷き、それを捨てに行った。

 時を置いて見に行くと、明らかに鉱山の形は変化している。しばらく前に、鉄道を撤去すると言っていた。新しい写真を見るとトラックの通る斜面が作られて、鉄道のあったところは壊されている。どうやら本当に鉄道は無くなったようだ。

 この鉱山は山頂付近での露頭(鉱石が顔を出している状態)が見つかったことに始まる。鉱脈はほとんど垂直に数千メートルあるらしく、現在では2000mほど掘ったことになる。昔の山は完全になくなり、付近の平地よりも1000mほど低くなった。ズリ(鉱石以外の土砂)は周りに積み上げたので、差し引き2000mほどの高低差がある。
人工のグランドキャニヨンと言われるのも、うなづける。

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ