2009年07月10日

2009年07月10日

曲線上のリヴェット打ち

rivetting machine 1rivetting machine 2 直線上にリヴェットを打つのは難しいことはない。前にも述べたように罫書き線を深く掘り、その上をなぞれば簡単である。

 筆者の持っている道具は、別の方法で直線を打つ。前後に自由に動くガイドがあり、その角に沿わせて左右に移動すれば良い。このガイドは鋼でできていて、剛性が高い。組み合わせて鑞付けしてあり、強度は信用できる。

 これはなかなか良い工夫で、エッジからの距離を自由に決められる。細い帯状の板に連続して打つ時も、まっすぐ打てる。
 

rivetting machine 3 このガイドの反対側には先を薄く削った長い棒が付いている。これは曲線上のリベットを打つ時に使う。曲線と言っても、自由曲線ではなく、円盤などの縁に沿ったリヴェットを打つ時の工夫である。
 使い方は図をご覧になればすぐおわかり戴けると思うが、実に簡単である。手前に、ダイと同じ高さの台を置いて作業すると板が安定して具合が良い。その補助台は付属していた。

 ポンチを打つ強さを一定にしなければならないので、ハンマーを持ち上げて打つようにしている。振上げの上限は調節できるようになっている。


Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ