2009年03月08日

2009年03月08日

Daylight

Plastic Daylight 20年越しでDaylightの客車を作っている。American Standard Car Company製のプラ板キットが11両と、この金属製キットが3両ある。機関車は30年前に完成している。
 プラ板キットは溶剤を滲み込ませて作るのだが、そりくり返ったので途中で組み立てを中止して、早くも20年経つ。最近リモネンが使えることがわかったので、少しずつ組んでいる。プラスティック・キットは不得手である。組み立てにジグをたくさん用意しなければならない。要するに固まるのに時間がかかりすぎる。気が短い筆者には耐えられない。

 その点、金属製はハンダが固まるまでの数秒間保持すればよいだけなので、簡単なジグだけで組める。ハンダ付けは瞬間接着剤より速いし強い。

Boxcar Ken's Daylight このキットはBoxcar Kenの製品で、発売後50年は経っているだろう。いくつか入手してあった。プラスティックと金属製を並べると、当然易しい金属製から取り掛かりたくなる。この製品はブリキ(tin plate)製である。

Low's Daylight ブラスのは、Lou Crossの製品をもらってきたものである。床と屋根は木製であり、そこそこの重さで具合がよい。
 台車がないので、今設計中である。誰もやったことのない方法で作ってみるつもりだ。

 連接車が4組9両もある(2+2+2+3)。流線型の最後尾をプラ板で作らねばならないのが頭痛の種だ。自信がない。さりとてコルゲートの板を自作するのはかなりむずかしい。しかし、リモネンのおかげで何とか、さまになりそうな気がしてきた。
 以前、作りかけて失敗した部分も切り離してリモネンで再接着すると、熔接した様にきれいに直る。

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ