2009年02月18日

2009年02月18日

やってはいけないこと

Bridge and Trestle Handbook 栗生弘太郎氏のブログで指摘されている通り、曲がったガーダ・ブリッジがTMS2月号に載っている。これはいかにもまずい。しばらく前のTMSの特集記事で、橋の話があった。その中で曲がった橋はいけませんと書いてあったように記憶している。編集者は何をしているのだろう。このような原稿はボツにするか、書き換えを指示しなければ、雑誌の品位が保てないはずだ。このレイアウトには曲った橋が必要だというのなら、本来はこうだと一言付け加えるべきである。

 紹介されているPaul Mallery氏の本を持っている。30年以上前に買った本で、表紙を見ると別の本だと思うくらいだ。この本は椙山満氏のところで見て気に入り、すぐ購入した。栗生氏ご紹介のは最近刊で、筆者の持っているものとは多少図の番号が違うが、中身は大半同じであろうと思う。

 毎日、通勤の電車の中で読んだので、表紙は擦れて傷んでいる。何回も読んだから中身はよく覚えている。
 友人に鉄橋屋さんがいたので、この本をネタによく議論した。ほとんどの理論はアメリカからの輸入であることが分かった。

Errors その後高速道路が普及し、インターチェンジの曲がった橋が目に付くようになった。彼は顔をしかめて、「あれは有限要素法という理論で設計できるようになったのだけど、あれを見て、レイアウトに曲がった橋を掛ける奴が出てくるだろうよ。」と予言した。まさかとは思ったが、時を経て、予言は当たり始めた。最近はあちこちで見る。この図は上記の本の"笑ってしまう間違い"のページの最初にある。

Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Categories
  • ライブドアブログ