2009年02月10日

2009年02月10日

イコライジング

 イコライジングについてのコメントを戴いている。筆者の鉄道ではイコライズされていない機関車の方がやや多い。
 イコライズすなわち高級というステレオタイプな見方が定着している様で残念だ。

 故井上豊氏とは随分と懇意にして戴いた。氏は特急の機関士で、「つばめ」時代のC62を運転されていた方だ。アメリカの機関車には造詣が深く、多くのことを教えて戴いた。
 筆者がイコライズ化に夢中になっていた時期があった。それをご覧になって、「イコライズは何のためにあるか知っているか?」と問われた。
 「線路の不整に対応するためです。軸重を等しくする効果があります。」と答えた。
「そんなもの関係ない。線路は柔らかい。機関車は重いからむこうが勝手に沈む。」「軸重なんて等しくしたって、機関車の動輪が回れば静止軸重の何倍かの力がかるのだから関係ないさ。動輪のバランスが何パーセントとってあるか知ってるか?」という話になった。

 要するに、イコライザの目的は普通我々が考えているものではないということであった。「イコライザは、スプリングが折れないようにしているだけだ。」と仰ったのである。これには驚いた。

 井上豊氏は名古屋機関区きっての飛ばし屋であったそうだ。C62の速度記録が129km/h という話を持ち出すと、「140は出る。いつも出してた。」と鼻で笑った。「C11の方が速い。145は出る。」という話になった。「バックのほうが速いんだな。気持ちいいぞ。名鉄の電車をあっという間に抜いてやるんだ。」という凄い話も出てきた

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ