2009年01月23日

2009年01月23日

Max Gray の Drop Bottom Gon

Bottom is open. このGSクラスは "Drop Bottom Gon" と呼ばれ、砂利やサトウキビの輸送に用いられた。
 アメリカの無蓋車は、日本のように側板が開いたりしない。側板が強度部材として機能しているので、動かない。積み下ろしは機械で行うのが原則であれば、それで良いのだ。

 このGS Gonは床が開くので、バラ積みの貨物を落とすことが出来る。ホッパではないので完全には落とせない。誰かがほうきを持って乗り込んで、残りを落とさねばならない。その必要もないのかもしれないが。

Opening bottom この模型は安達製作所の社長のアイデアで、床板が4つずつ一斉に開くようになっている。動作はなかなか見ごたえがある。オークションでも高価で取引されている。

 後にUS Hobbiesがインポータになったときは、この可動床がないものを輸入した。見かけは一緒なので、走らせるだけならそれで十分である。筆者はそれを作ろうというわけだ。

 床板を切り出し、ジャンクの中からチャンネルを拾い出す。長さをそろえて切って、ハンダ付けする。側板に縦桟を貼り付け、妻板をつける。上の縁取りのアングルを付けて、最後に例のコーナを貼ると80%出来上がる。
 あとは暇を見て順次作っていけばよい。そのうち良いアイデアが湧くこともある。

 この種の貨車はUP、SPに沢山在籍した。実物は、最近全く見ない。

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ