2008年06月30日

2008年06月30日

無誘導

無誘導 この図は典型的な「無誘導による脱線」の状態を示す。この角度では、ガードレイルの有無は無関係である。

 慣性で走り抜ける種類の車輪は、脱線事故を起こす事はない。また、径が大きい蒸気機関車の動輪も、フランジがひっかるので問題はない。
 どのような車輪が脱線事故を起こすのかについて、興味があった。栗生氏の答は意外であった。

 「電車の動力台車の車輪が脱線する可能性がある」というものである。トルクが掛かっているときにフログの欠線部に片方の車輪が落ち込む瞬間、摩擦が減少し、反対側の車輪のトルクで軸が水平面で回転する可能性があるのだそうだ。同様に、「付随車であってもブレーキを掛けると危ない」のだそうだ。
 すなわち、慣性で通過するときには全く問題なさそうである。加減速をする瞬間が危険であるということだ。

 筆者の手持ち車輌には車輪径の小さい動力車はない。すなわち問題ないと思っていたら、36インチの車輪の動力車が、最近導入されていることに気が付いた。EMDのE8である。シングルスリップを通過するときは、慣性で通過するようにしたい。

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ