2008年06月04日

2008年06月04日

ポイントを作る

Making Tongue Rail 「レイルが太すぎないか?」とおっしゃる方は多い。しかし、ポイントを作るためにはレイルは太い方がよいというのが、筆者の経験上の結論である。

 以前、地下室のレイアウトを作るときには、コード125を用いた。ダブルスリップ、シングルスリップ、クロッシング、三枝ポイントを各1台、各種10番ポイントを24台、8番、6番ポイントを数台作った。レイルが細いと、トングレイル、ストックレイルが弱くなり、その補強が難しい。前回はスティール・レイルだったからよかったものの、ブラスでは細いレイルは難しい。


 エンドレス、直線部分にはATLAS製のコード157を使用している。高さは同じだが、断面積はカツミ製の約半分ほどしかない。

 レイルをバイスにくわえて、フライスで斜めにそぐ。8番ポイントのトングレイルの傾斜は1/35である。ここまで傾斜がゆるいと片面だけそぐと、先端が浮いた形になるから、頭を内側に曲げて中心部が出るようにする。
 図はPaul Mallery氏の"Trackwork Handbook”より転載
削り終わったら、ベルトサンダで研いで、メッキ屋に持って行く。メッキ屋は、普通の人には縁遠い商売であるが、電話帳で調べて、訪ねて行くと簡単に引き受けてくれる。小さい工場で、「領収書なんか要らないから」と言えば安く引き受けてくれる。

 ニッケルメッキにもいろいろあるが、硬質と言えばすぐ分かる。レイルに使うのだから厚く着けてくれといえば、「あんたも物好きだね」と言いながらもそうしてくれる。

 フログは振動を受けるので、銀ハンダを使う。普通のハンダより流れ難いが、接着力が優れる。これだけはガスバーナで加熱する。

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ